基礎看護学(1):看護学概論 第7版
立ち読みする

発行 : 2022年1月

サイズ : B5判 360頁

ISBN-10 : 4-8404-7535-0

ISBN-13 : 978-4-8404-7535-8

商品コード : 308014156

在庫 : 在庫あり(申込可)

看護基礎教育テキスト

ナーシング・グラフィカ

基礎看護学(1):看護学概論 第7版

発行 : 2022年1月

サイズ : B5判 360頁

ISBN-10 : 4-8404-7535-0

ISBN-13 : 978-4-8404-7535-8

商品コード : 308014156

在庫 : 在庫あり(申込可)

改訂のポイント

 ●看護の導入において、事例を用いながら、療養環境が病院や施設から地域・在宅に移行していく看護の全体の流れを解説します。 

●保健・医療・福祉に関する法律や制度を把握し、看護の役割や多職種で取り組む地域包括ケアシステムについて学びます。

 ●看護の展開と継続性について、退院支援・退院調整、多職種連携・協働(チーム)など、居宅を意識した新たな看護の視点で学びます。

 ●解剖生理学や病態生理学を学ぶ大切さを強調しながら、看護師に求められる臨床判断能力について解説します。

 ●倫理的課題について、医療の高度化や地域への療養環境の変化などを考慮しながら、基本的知識と倫理的意思決定を行うための枠組みを学びます。

 ●統合領域(看護管理・医療安全・災害看護・国際看護)の基本的な内容を初学者向けにまとめて解説します。 

 本書のポイント 

●看護学概論について、「看護における基本的な概念」「看護の理論と実践」「社会的機能としての看護」「看護の統合と今後の展望」の4つのパートに分けた、明快な構成となっています。

 ●身近な例を使った親しみやすいイントロダクションから始まり、看護の歴史、これからの看護の可能性・展望まで、「看護」を俯瞰的にとらえることのできる内容です。 

●看護の現状について、理論、倫理、法・制度、社会福祉システムとの関係など、あらゆる角度から的確かつ簡潔に記述しています。 

●現代社会において、看護職が求められるものは何か。ケアの担い手としての責務・役割は何か。図表と事例を使って、わかりやすく説き起こします。

 ●「健康」「病気」といった基本的な概念をめぐる考察から、適切な看護実践のあり方、継続看護、有効な看護過程の進め方まで、さまざまなレベルで「看護」のエッセンスを解説しています。


「シラバス・授業計画案」


旧版はこちら

著者

文京学院大学大学院看護学研究科特任教授 志自岐 康子 編集

四天王寺大学大学院看護学研究科教授 松尾 ミヨ子 編集

東京都立大学人間健康科学研究科教授 習田 明裕 編集

3,080 円(税込)

カートに追加しました

立ち読みする

目次

<ARコンテンツ>
「メディカAR」の使い方はp.2をご覧ください.
● 看護の役割〈アニメーション〉
● 看護師の特定行為〈アニメーション〉
● 脳神経〈3D人体映像〉
● ロイ先生からのメッセージ〈動画〉
● ワトソン先生からのメッセージ〈動画〉
● 看護理論の模擬実演〈動画〉
● コミュニケーション:実習前の講義〈動画〉
● 医行為と看護行為〈動画〉
● 看護記録の開示と訂正〈動画〉
● 過失・予見と回避〈動画〉
● 看護方式〈アニメーション〉
● 平成28年熊本地震〈動画〉
● 世界の健康問題と看護者の役割〈動画〉



・はじめに
・本書の特徴

【序章】看護の責務とその広がり
1 看護とその責務
2 看護学教育の二つの側面
3 看護の広がり
■1 根拠に基づく看護
■2 知の創造
■3 業務の拡大
■4 訪問看護
■5 診療報酬
■6 看護師養成の高等教育化
■7 高度な看護を実践する看護師の育成

<第1部 看護における基本的な概念>
【1】看護への導入
◆1 看護のねらい
1 看護とは
■1 看護,ケア,ケアリング
■2 看護が行うこと
2 看護の役割
■1 看護の実践
■2 医師の役割,看護師の役割

◆2 実践科学としての看護
1 看護過程
2 理論,研究,実践
3 看護技術の科学的検証
4 エビデンスに基づく看護

◆3 看護実践のための教育の準備
1 看護教育制度
■1 看護師
■2 准看護師
■3 保健師,助産師
2 看護教育の形態

◆4 看護実践のための基準
1 免許と看護業務
2 看護業務基準
3 看護職の倫理綱領
4 指針・ガイドライン
■1 看護記録および診療情報の取り扱いに関する指針
■2 リスクマネジメントガイドライン
5 アメリカにおける看護の基準
■1 臨床看護実践の基準,範囲(アメリカ看護師協会,2003)
■2 実践で用いる包括的標準用語

◆5 看護の変遷
1 近代以前の看護
■1 ヨーロッパにおける看護
■2 日本における看護
2 近代の看護
■1 ヨーロッパ,主としてイギリスにおける看護
■2 日本における看護
3 現代の看護
■1 欧米,主としてアメリカにおける看護
■2 日本における看護

◆6 現代社会における看護のあり方
1 看護に対する社会の要望と期待
■1 安全で質の高い看護サービスの提供
■2 医療を受ける場の拡大:地域包括ケアシステムの構築
■3 看護サービスの利用者の権利擁護
■4 看護の役割機能の拡大
2 看護における人材の確保
■1 看護職員の就業状況と今後の課題
■2 外国人看護師の導入


【2】看護の対象とその理解
◆1 統合体としての人間
1 人間の生物学的基盤
2 人間(生物体)の発達の特性
3 動機付けられる存在(ニードをもつ存在)
4 成長・発達する存在

◆2 社会的・文化的存在としての人間
1 個人,家族,集団(グループ),地域社会
2 生活者(個人)としての人間

◆3 健康障害をもつケアの対象の理解
1 対象理解と看護アセスメントの枠組み(視点)
2 健康障害とその影響
■1 自己概念
■2 ストレス,対処機制,防衛機制
■3 健康障害の過程に伴う心理的特徴
■4 個人,家族,集団(グループ),地域社会
3 健康や病気に関する判断に影響する要因

◆4 ストレスとコーピング
1 ホメオスタシスとは
2 ストレスとは
■1 ストレスの基本概念
■2 ストレッサーによる心身への影響
3 ストレス・コーピング
■1 コーピングとは
■2 ストレス・コーピングと疾患との関係
■3 日本人の悩みやストレス
4 ストレスを軽減させる看護活動
■1 支援体制(ソーシャルサポート)
■2 ストレスマネジメント
■3 危機介入


【3】健康と病気におけるウエルネス(安寧)の促進
◆1 健康・病気のとらえ方
1 原始的な社会における健康と病気
2 古代ギリシャにおける養生法
3 キリスト教における病人とケア
4 近代医学の興隆と社会の医療化
5 WHOの健康の定義
6 ウエルネス(安寧)

◆2 健康の諸相
1 健康増進(ヘルスプロモーション)
2 予防
3 障害

◆3 人々の生活と健康
1 人口統計と出生・死亡
2 ライフスタイル
3 健康と医療

◆4 健康に影響する要因
1 生活習慣
■1 食事と栄養
■2 活動と運動
■3 喫煙,嗜好品
■4 休養
■5 ストレス
2 生活環境
3 社会・経済的要因

◆5 健康増進に向けた看護の役割


【4】ライフサイクルと健康
◆1 成長・発達の概念
1 人間の成長・発達の特質
2 発達理論の概観
■1 精神分析理論(フロイト)
■2 精神社会理論(エリクソン)
■3 発達課題理論(ハヴィガースト)

◆2 小児期から成人期の概念
1 小児期(乳幼児期~学童期)
■1 運動能力,食生活,両親の離婚
■2 児童虐待
2 思春期・青年期
3 成人期
■1 生活習慣病
■2 更年期障害
■3 成人期の死因

◆3 老年期の概念
1 老年期
■1 老年期の死因,疾患の特徴
■2 高齢者虐待
2 喪失,悲嘆と死



<第2部 看護の理論と実践>
【5】看護実践のための理論的根拠
◆はじめに
1 理論に先立つ看護の実践
2 看護理論とは

◆2 看護理論の分類
1 大理論(grand theory:広範囲理論,看護モデル,概念モデル)
2 中範囲理論(middle range theory)
3 小理論(micro theory)

◆3 看護理論の変遷
1 ニード理論
2 相互作用理論(人間関係論)
3 システム理論から全体性理論へ
4 ケアリングの理論

◆4 さまざまな看護理論(理論家別)
1 ナイチンゲール
2 ヘンダーソン
3 オレム
4 ウィーデンバック
5 トラベルビー
6 ロイ
7 M. ニューマン
8 ワトソン
9 ベナーとルーベル

◆5 看護実践を読み解く
ウィーデンバック理論でAさんのケースを考えてみよう
オレム理論でAさんのケースを考えてみよう
ロイ理論でAさんのケースを考えてみよう


【6】看護における倫理と価値
◆1 倫理と法律
1 共通点と相違点
2 看護における法律と倫理
■1 法的責任
■2 看護専門職としての倫理

◆2 看護倫理とは

◆3 歴史にみる人権の変遷
1 世界人権宣言
2 患者の権利と生命倫理(バイオエシックス)
■1 インフォームドコンセントの始まり
■2 生命倫理(バイオエシックス)の誕生
■3 患者の権利
■4 日本における生命倫理と患者の権利
■5 高度・先端医療技術と今後の課題

◆4 道徳的ジレンマと倫理的課題
1 インフォームドコンセントにおける看護
■1 インフォームドコンセントと自律の概念
■2 インフォームドコンセントにおける課題
■3 今後の課題
2 臓器移植における看護
■1 日本の臓器移植の特徴
■2 臓器移植における倫理的課題
■3 臓器移植における今後の課題
3 在宅医療における看護
■1 在宅医療の特殊性
■2 在宅医療における倫理的課題
■3 在宅医療における今後の課題

◆5 看護倫理と価値
1 個人のもつ価値
2 専門職としての価値

◆6 倫理的課題への対応
1 倫理的意思決定能力と行動力
2 倫理的判断に必要な基本的知識(看護倫理で活用する判断基準)
■1 倫理理論
■2 倫理原則
■3 看護実践上の倫理的概念
■4 患者の権利
3 倫理的看護実践のための枠組み(モデル)
4 事例にみる倫理的意思決定

◆7 倫理的看護実践を行うために必要なこと
1 倫理的意思決定能力の向上
2 倫理的看護実践を支援する組織の取り組み
3 患者の尊厳と権利を守るための制度の確立

◆8 看護研究における倫理
1 看護研究における倫理の必要性
2 倫理的配慮に基づく看護研究を行うための取り組み


【7】看護ケア(看護援助)の基本的役割
◆1 コミュニケーターとしての役割
1 コミュニケーション過程の構成要素
2 患者と看護師のコミュニケーション
3 コミュニケーション過程に必要な看護師の能力
■1 送り手として
■2 受け手として
4 コミュニケーションのタイプ
■1 言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーション
■2 明快性と継続性
■3 非言語的コミュニケーションの果たす役割
5 看護理論家たちにみるコミュニケーション
■1 トラベルビー
■2 ウィーデンバック
■3 キング

◆2 支援者,代弁者としての役割
1 意思決定の支援者としての役割
2 代弁者としての役割

◆3 学習支援者およびカウンセラーとしての役割
1 看護ケアの教育的側面
2 学習支援者としての役割
3 カウンセラーとしての役割
■1 カウンセリングとは
■2 カウンセラーの3条件

◆4 ケア提供者としての役割
1 EBNの考え方に基づいた看護師の臨床判断モデル
2 今後の研究の方向性


【8】看護過程(nursing process)
◆1 看護過程とは
1 看護過程と専門職としての看護
2 看護過程発展の歴史
3 看護過程:五つのステップの順序と定義
■1 五つのステップ
■2 看護過程の五つのステップの考え方
4 看護過程の役割と意義

◆2 看護実践における看護過程の展開
1 看護過程展開のための主要な概念を正確に理解する
■1 ヘルスアセスメント
■2 ヘルスアセスメントとクリティカルシンキング
■3 看護診断
2 看護診断の優先順位のつけ方
3 看護記録の書き方



<第3部 社会的機能としての看護>
【9】看護における法的側面
◆1 法の概念
1 看護と法の関わり
2 法と規範
3 法と道徳
4 法の形からの分類
■1 成文法
■2 不文法
5 法の役割による分類
■1 公法と私法
■2 実体法と手続法
6 看護をめぐる法と制度の枠組み
■1 衛生法規体系
■2 各法規の内容に従った枠組み

◆2 看護実践の職業的および法的規則
1 保健師助産師看護師法
■1 定義
■2 免許
■3 試験
■4 業務
2 主な関連法規
■1 看護師等の人材確保の促進に関する法律
■2 医療法
■3 医師法
■4 その他の関連法規

◆3 医療事故における法的責任
1 法的責任
■1 医療事故に関する法的責任
■2 行政処分
■3 懲戒処分
2 看護記録の位置付け
3 看護職の賠償責任保険
4 安全管理に関する厚生労働省等の取り組み
5 患者・家族支援体制の調整と医療対話推進者

◆4 看護実践に影響を及ぼす法律
1 患者を守る医療現場の安全・健康
2 看護師が働く場としての安全・健康
3 環境への影響を配慮した医療の安全・健康
4 報告義務
■1 事故等の報告
■2 感染症等の報告
■3 医療事故の報告(医療法)
5 物品の管理
■1 院内感染(医療関連感染)
■2 医療廃棄物


【10】保健・医療・福祉システム
◆1 保健・医療・福祉の概念
1 保健の概念
2 医療の概念
3 福祉の概念

◆2 保健・医療・福祉サービス提供の場
1 保健サービスの場
■1 公衆衛生・地域保健
■2 学校保健
■3 産業保健
2 医療サービスの場
3 福祉サービスの場

◆3 保健・医療・福祉のチーム
1 保健・医療・福祉チームの必要性
2 保健・医療・福祉のチームにおける看護職の役割と機能

◆4 多職種で取り組む地域包括ケアシステム
1 多職種で取り組む介護保険法に基づくサービス
2 多職種で取り組む障害者総合支援法に基づくサービス
3 遠隔診療:ICT(情報通信技術)の活用

◆5 保健・医療・福祉における看護サービスの経済的評価
1 保健における看護サービスの経済的評価
2 医療における看護サービスの経済的評価
3 福祉における看護サービスの経済的評価

◆6 看護サービスに対する評価
1 看護サービスの評価の方法
2 診療報酬による評価
■1 診療報酬とは
■2 看護サービスの評価
■3 訪問看護サービスの評価
■4 在宅医療推進のための評価
3 医療機関の第三者評価


【11】看護の展開と継続性
◆1 看護の継続性と継続看護
1 看護の継続性とは
■1 病棟看護の継続性
■2 患者の居場所の移動に伴う看護の継続性
■3 継続看護
2 退院支援・退院調整と看護の継続性を担う取り組み
■1 退院支援・退院調整が推進される背景
■2 退院支援・退院調整とは
■3 退院支援(広義)における看護師の役割
■4 看護の継続性を担うさまざまな看護師の登場

◆2 多職種連携・協働における看護
1 医療ニーズと生活ニーズ
2 多職種連携・協働と看護師の役割
■1 多職種連携・協働
■2 多職種連携における看護師の役割
■3 チームカンファレンスを踏まえたチームアプローチ



<第4部 看護の統合と今後の展望>
【12】看護の統合
-看護管理・医療安全・災害看護・国際看護-
◆1 看護ケアのマネジメント
1 看護の提供の場
2 看護のマネジメント
■1 看護のマネジメントとは
■2 マネジメントの対象となる資源
■3 看護のマネジメント・プロセス
3 質の高い看護ケアを行うために
■1 インフォームドコンセントの広まり
■2 看護サービスの質保証の考え方
■3 病院機能評価
■4 クリニカルパス
4 病院組織とリーダーシップ
■1 病院組織の成り立ちと専門職の協働
■2 リーダーシップとそのスタイル
■3 組織文化とマグネット・ホスピタル
5 統合していく力

◆2 医療安全への取り組みと働く人の労働安全
1 人は間違いを避けられない
2 医療事故発生への危機感と医療安全対策の推進
3 ヒヤリ・ハットレポートおよび医療事故報告の重要性
4 事故防止に役立つチェックシステム
■1 セルフチェック
■2 チームによるチェック
■3 医療機器の安全システムの整備
5 チームSTEPPS
6 看護職の労働安全衛生
■1 看護職が働き続けられる環境の整備
■2 看護業務上の危険と防止策

◆3 災害看護の基礎
1 災害看護の必要性
2 災害の定義
3 災害の分類
4 災害医療と3T’s
5 災害看護とは
6 災害サイクルと必要とされる看護
■1 災害サイクルに応じた看護実践
■2 災害における心のケア
7 災害時に必要な知識と技術
■1 トリアージ
■2 一次救命処置
■3 応急処置の例
8 災害看護に関わる主な法と制度
■1 災害対策基本法
■2 災害救助法
■3 被災者生活再建支援法

◆4 国際看護
1 国際保健・看護とは何か
■1 国際保健 international healthからglobal healthへ
■2 国際看護
2 在留外国人・訪日外国人への看護
■1 異なる医療提供システムと医療サービス
■2 言語の障壁
■3 異文化看護
3 国際保健協力活動
■1 なぜ国際保健協力が必要か
■2 看護職による国際保健協力
4 開発途上国の健康問題
■1 健康状態の格差
■2 社会経済状況の格差
5 国際機関の動き
■1 保健医療に関わる国際機関
■2 アルマアタ宣言
■3 ミレニアム開発目標(MDGs)から持続可能な開発目標(SDGs)へ
■4 WHOの役割
6 日本の実施する国際協力活動


【13】これからの看護の課題と展望
◆1 看護に求められる教育
1 社会のニーズに応える看護学教育
■1 変化し続ける社会のニーズ
■2 看護職の役割拡大
■3 看護の専門性を高める教育
2 カリキュラム改正

◆2 専門職としての看護組織
1 日本看護協会
2 日本看護学校協議会
3 日本看護系大学協議会
■1 看護学教育の調査や質向上のための活動
■2 高度実践看護師教育課程の認定と推進
4 国際看護師協会
5 看護行政の組織

◆3 今後の課題


・コラム
● 医療・介護の提供体制の改革における看護の課題
● 看護診断開発の歴史
● 通達
● 災害と看護—未来の看護師たちへ


・資料
● 看護職の倫理綱領(日本看護協会,2021年)
● 保健師助産師看護師法(抜粋)
● 医療法(抜粋)
● 日本看護協会「看護記録に関する指針」(抜粋)
● 世界人権宣言(仮訳)
● 患者の権利章典(アメリカ病院協会,1973年)
● 衛生法規体系
● 第二次世界大戦後の日本の看護の歴史(看護制度の変遷)
● 医療安全関連の主な取り組みと経緯
● 連携対象となる保健・医療・福祉関係職
● 持続可能な開発目標(SDGs)
● ミレニアム開発目標(MDGs)の達成状況
● 看護理論の要約(主要な看護理論)
● 看護理論の系譜

・学習参考文献
・看護師国家試験出題基準(平成30年版)対照表
・索引