疾病の成り立ちと回復の促進(3):臨床微生物・医動物 第5版
立ち読みする

発行 : 2024年1月

サイズ : B5判 280頁

ISBN-10 : 4-8404-8156-3

ISBN-13 : 978-4-8404-8156-4

商品コード : 308014084

在庫 : 在庫あり(申込可)

看護基礎教育テキスト NEW 改訂

ナーシング・グラフィカ

疾病の成り立ちと回復の促進(3):臨床微生物・医動物 第5版

発行 : 2024年1月

サイズ : B5判 280頁

ISBN-10 : 4-8404-8156-3

ISBN-13 : 978-4-8404-8156-4

商品コード : 308014084

在庫 : 在庫あり(申込可)

●新型コロナウイルスや狂犬病ウイルスについての項目を追加し、近年注目が集まる輸入感染症や性感染症などの話題もより充実。感染症を取り巻く近年の状況に即し、最新の情報にアップデートしました。

●各病原体への理解が深まるよう、構成を大きく見直しました。1・2章で先に感染や感染症の基礎を理解することで、各感染症の症状・検査・治療・予防を論理立てて学べます。

●3・4章の「臨床場面で考えてみよう」は、学んだ内容をもとに推論・判断できるようなQ&Aに刷新。場面をイメージしやすい事例によって、考える力を育てます。


「はじめに」

「シラバス・授業計画案」

旧版はこちら

著者

名古屋市立大学大学院看護学研究科感染予防看護学教授 矢野 久子 編集

元 金城学院大学薬学部教授 安田 陽子 編集

東京大学医科学研究所先端医療研究センター感染症分野教授 四柳 宏 編集

3,520 円(税込)

カートに追加しました

立ち読みする

目次

【ARコンテンツ】
〈動画〉
微生物の大きさ/常在微生物/手洗い/細菌性食中毒の予防/ヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)/無菌室の一例/骨髄バンクドナー登録希望者の方へ/滅菌手袋の着け方・外し方/洗浄の方法/感染症〜冷静な対応のために/尿検査の実際/薬剤感受性検査
〈アニメーション〉
抗菌 薬を理解するための理論

・はじめに
・本書の特徴
・本書『臨床微生物・医動物』で学ぶこと
・臨床微生物・医動物一覧
・臨床場面で出合う医動物
・感染症の歴史と医学・医療の発展

【1 微生物・医動物とは】
■1 臨床微生物・医動物の特徴
1 真核生物と原核生物の基本構造/2 ウイルスの基本構造/3 プリオン/4 臨床微生物・医動物の大きさの比較/5 臨床微生物・医動物の増殖のしかたの違いと病原性(1)真核生物(2)原核生物(3)ウイルス/6 臨床微生物・医動物の基本構造に基づく薬剤感受性の違い
■2 身の回りの微生物
1 常在微生物/2 発酵食品とプロバイオティクス/3 環境と微生物

【2 感染症の分類と感染防御機構】
〈1 感染症と臨床微生物・医動物〉
■1 感染症に関する主な分類
1 感染症の分類(1)臨床微生物・医動物の種類による分類(2)人体部位による分類/2 顕性感染と不顕性感染/3 内因性感染と外因性感染/4 医療関連感染(院内感染)と市中感染
■2 感染成立の3要因と感染予防の基本
1 感染成立の3要因(1)感染源(2)感受性宿主(3)感染経路/2 感染予防の基本(1)標準予防策(スタンダードプリコーション)(2)感染経路別予防策

〈2 感染防御機構の基礎〉
■1 感染抵抗力:自然免疫と獲得免疫
1 自然免疫(非特異的防御機構)/2 獲得免疫(特異的防御機構)
■2 体液性免疫応答のプロセス
1 抗体産生/2 体液性免疫反応
■3 細胞性免疫応答のプロセス
1 感作T細胞の増殖/2 細胞性免疫反応
■4 一次免疫応答と二次免疫応答

【3 宿主の臓器・組織別にみる感染症と病原体】
〈1 呼吸器感染症〉
インフルエンザウイルス/新型コロナウイルス/肺炎球菌
■1 呼吸器感染症の種類と病原体
1 定義/2 特徴と分類/3 臨床症状・病原体(1)上気道感染症(2)気管支炎(3)肺炎

〈2 結核〉
結核菌
■1 結核と結核菌
■2 結核の検査
1 免疫学的検査(1)インターフェロンγ遊離試験(2)ツベルクリン反応検査/2 細菌学的検査(1)抗酸菌塗抹検査(2)抗酸菌培養検査(3)抗酸菌同定検査/3 放射線検査
■3 結核の治療
1 化学療法/2 服薬支援
■4 結核の予防
1 BCGワクチンの接種/2 潜在性結核感染症に対する化学療法/3 院内感染の予防

〈3 消化器系感染症〉
腸管出血性大腸菌O157/コレラ菌/赤痢菌/チフス菌,パラチフスA菌/ノロウイルス/ヘリコバクター・ピロリ
■1 消化器系感染症の種類と病原体
1 病原性大腸菌感染症/2 輸入腸管感染症/3 食中毒(1)原因微生物(2)感染型食中毒と毒素型食中毒/4 その他の消化器系感染症
■2 食中毒の予防・治療
1 細菌性およびウイルス性食中毒の予防/2 食中毒の治療

〈4 肝炎〉
A型肝炎ウイルス/B型肝炎ウイルス/C型肝炎ウイルス/E型肝炎ウイルス
■1 ウイルス性肝炎
1 急性肝炎/2 劇症肝炎/3 慢性肝炎
■2 肝硬変
■3 肝臓癌
■4 ウイルス性肝炎の臨床経過
1 A型肝炎/2 B型肝炎(1)母子感染(垂直感染)(2)2幼少期以降の感染(水平感染)(3)3HBV再活性化/3 C型肝炎/4 E型肝炎
■5 肝炎ウイルスの感染予防
1 針刺し事故/2 針刺し事故後の対応

〈5 尿路感染症〉
大腸菌/緑膿菌
■1 尿路感染症の種類と病原体
1 尿路感染症の定義と種類/2 分類と病原体(1)単純性尿路感染症(単純性膀胱炎,単純性腎盂腎炎)(2)複雑性尿路感染症(複雑性膀胱炎,複雑性腎盂腎炎)
■2 尿検査
1 目的/2 採尿方法/3 検体の取り扱い
■3 膀胱留置カテーテルと感染予防
1 尿路へのカテーテルの留置と尿路感染症(1)尿路へのカテーテルの留置(2)膀胱留置カテーテルによる尿路感染症(3)細菌の侵入経路/2 膀胱留置カテーテルによる尿路感染症の予防(1)適切な患者への使用(2)挿入時の感染予防(3)留置中の感染予防

〈6 性感染症〉
ヒト免疫不全ウイルス/トラコーマクラミジア/淋菌
■1 性感染症の種類と病原体
■2 性感染症の予防

〈7 皮膚・粘膜の感染症〉
A群溶血性レンサ球菌/黄色ブドウ球菌

〈8 皮膚に発疹が出現するウイルス感染症とリケッチア感染症〉
麻疹ウイルス/水痘・帯状疱疹ウイルス/つつが虫病リケッチア
■1 皮膚に発疹が出現する感染症
1 麻疹/2 風疹/3 水痘・帯状疱疹/4 エムポックス(サル痘)/5 手足口病/6 伝染性紅斑(りんご病)/7 突発性発疹/8 デング熱/9 ヒト免疫不全ウイルス感染症/10 梅毒/11 単純ヘルペスウイルス感染症/12 カポジ水痘様発疹症

〈9 脳・神経系感染症〉
髄膜炎菌/日本脳炎ウイルス
■1 脳・神経系感染症の種類と病原体
1 髄膜炎・脳炎の定義/2 髄膜炎・脳炎の症状/3 髄膜炎・脳炎の分類と病原体/4 治療/5 予防
■2 その他の神経系(疾患)症状を呈する感染症
1 破傷風/2 ボツリヌス症/3 クロイツフェルト・ヤコブ病

【4 宿主の因子が影響する感染症と病原体】
〈1 人獣共通感染症〉
狂犬病ウイルス/オウム病クラミジア/多包条虫/単包条虫(エキノコックス)
■1 人獣共通感染症
■2 人獣共通感染症の現状と予防

〈2 寄生虫感染症〉
アニサキス/蟯虫/トキソプラズマ/マラリア原虫
■1 日常生活と主な寄生虫感染症
1 寄生虫の分類/2 寄生虫感染症の現状(1)まれになった寄生虫(2)ほとんど変化がない寄生虫(3)新興・再興感染症としての寄生虫症の動向(4)輸入寄生虫症/3 寄生虫感染症の臨床症状(1)急性に発症するもの(2)重篤な慢性症状を起こすもの(3)日和見寄生虫感染症/4 看護師に感染の危険がある寄生虫感染症
■2 輸入感染症に対する日本の体制
1 輸入感染症/2 輸入感染症監視体制の現状/3 感染症持ち込み防止に必要なこと

〈3 小児の感染症〉
ロタウイルス/百日咳菌
■1 A群溶血性レンサ球菌感染症の続発症
1 急性糸球体腎炎/2 リウマチ熱
■2 小児の予防接種

〈4 母子感染〉
B群レンサ球菌/風疹ウイルス/ヒトT細胞白血病ウイルス/単純ヘルペスウイルス/梅毒トレポネーマ
■1 母子感染の経路と病原体
1 母子感染の感染経路と病原体/2 母子感染の予防と妊婦スクリーニング

〈5 高齢者の感染症〉
疥癬虫(ヒゼンダニ)
■1 疥癬
1 臨床症状・経過/2 検査・診断/3 治療/4 予防
■2 誤嚥性肺炎
1 誤嚥性肺炎の発生機序/2 誤嚥性肺炎を起こす微生物/3 臨床症状・経過/4 予防・治療
■2 褥瘡感染
1 褥瘡と褥瘡感染(1)褥瘡の発生機序(2)褥瘡発生後の経過(3)褥瘡感染/2 褥瘡感染を起こす微生物/3  臨床症状・経過/4 検査・診断/5 予防/6 治療

〈6 日和見感染症〉
レジオネラ(属)菌/セパシア菌
■1 日和見感染症
1 定義/2 日和見感染症を起こす要因/3 日和見感染症を起こす代表的な病原体

〈7 移植患者と感染症〉
サイトメガロウイルス/アスペルギルス
■1 造血幹細胞移植
■2 易感染状態の移植患者
■3 移植後の感染リスクと病原体
1 移植後早期(移植後〜生着)/2 移植後中期(生着後〜移植後100日目ごろ)/3 移植後後期(移植後100日目ごろ以降)

〈8 手術創・外傷と感染症〉
破傷風菌/ウェルシュ菌
■1 内毒素(エンドトキシン)による感染症
1 臨床症状/2 治療
■2 穿孔性腹膜炎
1 病態/2 エンドトキシンショック
■3 手術部位感染(SSI)のリスク因子
1 手術部位感染(SSI)とその分類/2 手術創の清浄度分類/3 手術創の清浄度以外のリスク因子
■4 クロストリジウム属による感染症

〈9 血管内カテーテル関連血流感染症〉
コアグラーゼ陰性ブドウ球菌/カンジダ・アルビカンス
■1 血管内カテーテル関連血流感染症
1 血管内カテーテル関連血流感染とは/2 起炎菌/3 微生物の侵入経路と予防策(1)カテーテル挿入部の皮膚の管理(2)カテーテル接続部の管理(3)輸液の管理/4 感染を疑った場合の看護

〈10 薬剤耐性菌〉
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌/バンコマイシン耐性腸球菌/ESBL産生菌/多剤耐性緑膿菌/多剤耐性結核菌
■1 抗菌薬の開発と薬剤耐性菌の出現の“いたちごっこ”
1 ペニシリンの発見/2 セフェム系抗菌薬の開発/3 その後の薬剤耐性菌/
■2 薬剤耐性の機序
1 抗菌薬不活化酵素の産生/2 作用点の変化/3 作用点への到達阻害/4 作用点の保護
■3 薬剤耐性菌保菌者
■4 薬剤耐性菌をこれ以上増やさないために
1 抗菌薬の適正使用/2 感染予防策の重要性/3 地域連携と多職種連携

【5 感染・発症予防と行政の対応】
〈1 ワクチン接種と血清療法〉
■1 ワクチン接種
1 日本の現行ワクチン/2 ワクチンの成分/3 ワクチン接種の目的/4 ワクチンの副反応と接種時の注意
■2 血清療法
1 免疫グロブリン製剤/2 血清療法の副作用

〈2 洗浄・消毒・滅菌と環境の清掃〉
■1 総論
■2 医療機器の洗浄・消毒・滅菌
1 洗浄・消毒・滅菌とは/2 洗浄(1)洗剤の種類(2)洗浄方法/3 消毒(1)化学的消毒法(2)物理的消毒法/4 滅菌(1)滅菌法(2)滅菌の確認(3)滅菌物の保管・取り扱い
■3 環境の清掃
1 床/2 高頻度接触部位/3 カーテン/4 流し,トイレ,浴室・シャワー室/5 マニュアルの整備
■4 感染性廃棄物の処理

〈3 感染症法〉
■1 感染症をめぐる近年の変化
1 新興感染症/2 再興感染症
■2 感染症法の制定

【6 感染症の検査・治療】
〈1 感染症検査と臨床微生物・医動物〉
■1 感染症の徴候・症状
1 検査/2 全身症状/3 局所症状/4 患者の背景
■2 原因微生物・医動物を検出する検査
1 検体の塗抹・鏡検/2 抗原・毒素の検出/3 遺伝子検査/4 培養検査
■3 免疫学的検査
1 血清学的診断法/2 皮内反応
■4 検査材料の採取時の注意点
1 血液/2 尿(中間尿)/3 糞便/4 鼻咽頭拭い液/5 喀痰/6 髄液/7 膿,分泌液/8 カテーテル先端
■5 検査室からのメッセージ

〈2 感染症の治療〉
■1 抗感染症薬
1 抗菌薬(1)抗菌薬の作用機序(2)抗菌薬の投与法(3)主な抗菌薬の種類と特徴/2 抗ウイルス薬/3 抗真菌薬/4 抗寄生虫薬
■2 血清療法(免疫グロブリン製剤の投与)
■3 外科的処置
1 皮下膿瘍/2 創感染,術後の手術部位感染/3 腹腔内感染
■4 敗血症の治療
1 敗血症/2 敗血症性ショック/3 抗菌薬の投与法/4 全身管理
■5 宿主の免疫能の改善
1 栄養管理/2 免疫抑制状態の改善
■6 症状の緩和
■7 感染症治療時の看護
1 症状の観察/2 抗菌薬の投与に関する注意

◆侵入門戸と感染◆結核の発見契機◆広域食中毒事例◆乳児ボツリヌス症とハチミツ◆梅毒感染の拡大◆エキノコックス症の本州への波及◆外来動物の野生化◆トーチの会◆殺虫剤浸漬蚊帳◆風疹ワクチン接種の社会的意義◆薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン◆ワクチン開発の将来−感染症の予防は治療に勝る◆新興・再興感染症と輸入感染症

・看護 師国家試験出題基準(令和5年版)対照表
・索引