地域・在宅看護論(2):在宅療養を支える技術 第2版
立ち読みする

発行 : 2022年1月

サイズ : B5判 288頁

ISBN-10 : 4-8404-7544-X

ISBN-13 : 978-4-8404-7544-0

商品コード : 308010221

在庫 : 在庫あり(申込可)

正誤表

看護基礎教育テキスト

ナーシング・グラフィカ

地域・在宅看護論(2):在宅療養を支える技術 第2版

発行 : 2022年1月

サイズ : B5判 288頁

ISBN-10 : 4-8404-7544-X

ISBN-13 : 978-4-8404-7544-0

商品コード : 308010221

在庫 : 在庫あり(申込可)

正誤表

改訂のポイント

●新型コロナウイルス感染症蔓延の経験を踏まえ、訪問看護における具体的な感染予防対策について詳細に解説しています。 

●災害やパンデミックなどの健康危機に際し、在宅療養を支えるための対応や取り組みに関する記述を充実させました。訪問看護事業所における災害時の事業継続計画(BCP)についても言及しています。

 ●急性期・慢性期・回復期・終末期など訪問看護の事例を大幅に増加。療養者を支える実践的なケアを考え、判断する実践力を養います。 

 本書のポイント

 ●在宅療養を支える技術として、コミュニケーションやフィジカルアセスメントなどの最も基本的な技術、食・呼吸・排泄などの日常生活援助技術、輸液管理・在宅酸素療法などの医療ケアの技術、の大きく三つに分けて展開します。 ●訪問看護の技術として、実習の心構えから、家庭訪問における注意などを、看護における倫理原則を踏まえて解説します。また、在宅看護における看護過程を、ICFの枠組みに照らして、図を用いて解説します。 

●在宅療養支援に重要な災害対策を、地域包括ケアシステムを踏まえて、ポイントを絞って解説します。また、記憶に新しい二つの地震をコラムで取り上げており、災害と在宅療養者支援との関わりを学ぶことができます。

 ●9つの豊富な事例では、事例の各場面に合わせた設問を用意。考え、判断する実践力を養います。設問には「丁寧でわかりやすく」を心がけた解答・解説が付いています。 

●在宅療養とその支援に応用される、新たな技術や知能について、コラムの形で紹介します。ICT、ノーリフト、ユマニチュード、ロボットなど、すっかり様相が変わっているかもしれない未来に活躍する人へ贈るメッセージです。


「シラバス・授業計画案」


旧版はこちら

著者

神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部看護学科教授 臺 有桂 編集

日本赤十字看護大学看護学部看護学科教授 石田 千絵 編集

徳島大学大学院医歯薬学研究部看護リカレント教育センター特任教授 山下 留理子 編集

3,080 円(税込)

カートに追加しました

立ち読みする

目次

<ARコンテンツ>
「メディカAR」の使い方はp.2をご覧ください.
● 訪問の準備〈動画〉
● 文字盤を使ったコミュニケーション〈動画〉
● 意思伝達装置〈動画〉
● IT機器の活用〈動画〉
● 呼吸音の聴取部位〈アニメーション〉
● 肺(呼吸器系)の打診〈動画〉
● 遠隔看護—テレナーシング〈動画〉
● 住環境〈動画〉
● 生活リハビリテーション〈動画〉
● 感染予防〈動画〉
● 新型コロナウイルス感染症蔓延時の訪問看護〈動画〉
● 部分浴〈動画〉
● 洗髪方法の一例〈動画〉
● 関節可動域訓練(ROM訓練)〈動画〉
● 移動に関わる機能のアセスメント〈動画〉
● スライディングシートの活用〈動画〉
● グローブの利用〈動画〉
● 体位排痰法〈動画〉
● スクイージング〈動画〉
● 気管カニューレの交換〈動画〉
● 酸素供給装置〈動画〉
● NPPVマスクの着け方〈動画〉
● 膀胱留置カテーテルの管理〈動画〉
● ストーマ装具の交換〈動画〉
● 経鼻経管栄養〈動画〉
● 胃瘻〈動画〉
● 注入の手順〈動画〉
● 褥瘡の実際〈動画〉
● 褥瘡処置の手順〈動画〉
● 正しい靴の履き方〈動画〉
● 血糖自己測定〈動画〉
● インスリン自己注射〈動画〉*
● CAPDバッグの交換〈動画〉
● オピオイド(医療用麻薬)の服薬指導〈動画〉
● レスキュー・ドーズの投与方法〈動画〉
● 補完代替療法〈動画〉
● 在宅療養における災害対策〈動画〉
● 地域包括ケアシステムにおける災害対策〈動画〉
● ALS療養者からのメッセージ〈動画〉
● 地域で生きる〜働く場所〜〈動画〉
● やってみよう!訪問看護演習〈動画〉
* 複数ページで同一のコンテンツが表示されます.



・はじめに
・本書の特徴

【1】訪問看護技術
◆1 家庭訪問・初回訪問
1 家庭訪問の意義・目的
2 訪問看護導入時の療養者と家族
3 初回訪問の目的と配慮
4 療養方針の明確化
5 訪問の手順と倫理・心構え
■1 訪問の手順
■2 倫理と心構え
■3 リスクマネジメント
6 学生実習における同行訪問
■1 学生の基本的姿勢・態度
■2 情報収集のポイント

◆2 在宅療養における看護過程の展開技術
1 在宅療養における看護過程の特徴
■1 療養者・家族の生き方や思いに応じてゴールを設定し適宜見直す
■2 療養者の生活の場に合わせて医療ケアを展開する
■3 療養生活の要となる家族成員をケアする
■4 療養環境や周囲の人々との関係性を把握する
■5 経済力や価値観に応じて社会資源を活用する
2 在宅におけるヘルスアセスメント
■1 在宅におけるヘルスアセスメントとは
■2 在宅におけるヘルスアセスメントの基本
3 情報収集の項目とアセスメントのポイント
■1 ICFを用いた情報の統合
■2 図を用いた情報の統合
4 在宅療養における看護過程の展開のポイント
■1 ゴール設定における優先順位のポイント
■2 計画立案におけるポイント
■3 評価の項目とポイント


【2】在宅療養生活を支える基本的な技術
◆1 コミュニケーション
1 在宅療養を支えるコミュニケーションの基本
■1 療養者・家族とのコミュニケーション
■2 組織内のコミュニケーション
■3 多職種チームのコミュニケーション
2 コミュニケーション障害と支援
■1 コミュニケーション障害の種類と原因
■2 コミュニケーション障害の意味と支援の目的
■3 コミュニケーション障害者支援におけるチーム連携
3 コミュニケーション障害のある療養者の特徴と支援のポイント

◆2 在宅におけるアセスメント技術
1 ヘルスアセスメントの基本
2 生活からみるヘルスアセスメント
3 身体状態のアセスメント

◆3 環境整備
1 在宅療養環境の基本
2 療養環境が引き起こす障害の予防
3 居住環境のアセスメント
4 住環境整備
5 福祉用具
6 環境整備に活用できる社会資源
■1 介護保険制度
■2 障害者総合支援法
■3 その他の給付制度
■4 多職種連携

◆4 生活リハビリテーション
1 生活リハビリテーションの基本
■1 生活リハビリテーションとは
■2 在宅療養における生活リハビリテーションとその対象
■3 在宅療養での生活リハビリテーションの目的・適応
2 障害や状態に応じた生活リハビリテーション
3 在宅移行に向けての環境整備

◆5 感染予防
1 在宅における感染防止の基本
2 日常的なケア(平常時)
■1 療養者の体調管理
■2 スタンダードプリコーション(標準予防策)
■3 家族への指導
■4 訪問看護師などの健康管理
■5 環境整備および医療器具の清潔保持
■6 感染性廃棄物の取り扱い
3 療養者に感染症が発症した場合の対応
■1 初期症状の早期発見から速やかに医療につなげる
■2 療養者が利用しているサービスの関係職種・機関への指導
■3 感染症を発症した療養者への訪問看護
4 感染症流行期・地域における訪問看護

◆6 ターミナルケア
1 ターミナルケアの基本
2 症状マネジメント
3 生活環境の整備
4 医療・介護チームの連携
■1 療養者・家族の意思決定を支援する
■2 看取りの援助と調整を行う
■3 介護職に身体状況の変化に応じた対応を伝える
■4 主治医や訪問看護師に家族がいつでも連絡できるようにする
■5 エンゼルケアを家族のケアの場にする
5 家族へのケア
6 自然死を迎える療養者へのケア
7 悪性新生物(がん)により死を迎える療養者へのケア


【3】日常生活を支える看護技術
◆1 食生活
1 在宅療養の場における食生活の特徴
2 食に関する包括的アセスメント
3 援助の技術と実際
4 トラブル時の対応
5 社会資源の活用
■1 食支援における地域連携
■2 食事内容の選択,食材の調達の方法に関する援助

◆2 排泄
1 在宅療養の場における排泄の基本
2 排泄のアセスメント
3 排泄援助の技術と実際
4 社会資源の活用と調整
■1 公費の助成
■2 排泄環境の整備

◆3 清潔
1 在宅療養の場における清潔の特徴
■1 清潔の援助方法と自立支援
2 清潔のアセスメント
3 清潔ケアの技術と実際
4 社会資源と多職種連携

◆4 肢位の保持と移動
1 在宅における移動と肢位の保持の重要性
2 移動能力に関わる身体機能のアセスメント
3 肢位の保持と移動の実際
4 家族への支援
5 多職種との連携

◆5 呼吸
1 在宅療養の場における呼吸ケアの特徴
2 呼吸に関するアセスメント
3 呼吸ケアの実際

◆6 睡眠
1 在宅療養の場における睡眠の特徴
2 睡眠のアセスメント
3 睡眠援助の技術と実際


【4】療養を支える看護技術(医療ケア)
◆1 医療ケアの原理原則
1 意義・目的(医療ケアの対象者と自立支援)
2 観察とアセスメント
3 リスクマネジメント(トラブルや合併症の予防と対応)
4 在宅療養者と家族のセルフマネジメント力の維持・向上のための支援
5 多機関・多職種との連携
6 資材の調達と管理
7 社会資源の活用・調整

◆2 薬物療法
1 在宅における薬物療法の意義・目的
2 薬物療法におけるアセスメント
3 薬物療法における援助の実際
4 在宅療養の場で生じる薬物療法に関するトラブル
5 療養者・家族への支援
6 多職種との連携・社会資源の活用
■1 多職種との連携
■2 社会資源の活用

◆3 がん外来化学療法
1 がん外来化学療法の目的と対象者
2 がん外来化学療法におけるアセスメント
3 リスクマネジメント
4 外来通院中の在宅療養者に対する援助
5 社会資源の活用・調整
■1 外来における院内連携
■2 外来と地域との連携
■3 制度の利用

◆4 排痰ケア
1 在宅における排痰ケアの意義・目的と対象者
2 排痰ケアにおけるアセスメント
3 援助の実際
4 排痰ケアで生じやすい合併症・トラブル
5 療養者・家族への支援
6 多職種との連携

◆5 気管カニューレ管理
1 在宅における気管カニューレ管理の意義・目的と対象者
2 気管カニューレ管理におけるアセスメント
3 気管カニューレ管理における援助の実際
4 療養者・家族への支援

◆6 在宅酸素療法(HOT)
1 在宅酸素療法の意義・目的と対象者
2 在宅酸素療法におけるアセスメント
3 在宅酸素療法の実際
4 安全管理と援助
5 社会資源の活用・調整

◆7 在宅人工呼吸療法(HMV):非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)
1 在宅における非侵襲的陽圧換気療法の意義・目的
2 非侵襲的陽圧換気療法におけるアセスメント
3 リスクマネジメント
4 在宅における安全管理と援助
5 療養者・家族への支援
6 社会資源の活用・調整

◆8 在宅人工呼吸療法(HMV):気管切開下間欠的陽圧換気療法(TPPV)
1 気管切開下間欠的陽圧換気療法の意義・目的
2 気管切開下間欠的陽圧換気療法におけるアセスメント
3 リスクマネジメント
4 在宅における安全管理と援助
5 療養者・家族への支援
6 社会資源の活用・調整

◆9 排尿ケア
1 在宅における排尿ケアの意義・目的
2 排尿ケアにおけるアセスメント
3 リスクマネジメント
4 在宅における安全管理と援助
5 療養者・家族への支援
6 社会資源の活用・調整

◆10 ストーマ管理
1 在宅におけるストーマ管理の意義・目的
2 ストーマ管理におけるアセスメント
3 リスクマネジメント
4 援助の実際
5 療養者・家族への支援
6 社会資源の活用・調整
■1 多職種との連携
■2 資材の調達と管理
■3 制度の利用

◆11 在宅経管栄養法(HEN)
1 在宅における経管栄養法の意義・目的と対象者
2 経管栄養法におけるアセスメント
3 リスクマネジメント
4 援助の実際
5 療養者・家族への支援
6 社会資源の活用・調整

◆12 輸液管理(在宅中心静脈栄養法,末梢静脈栄養法)
1 在宅における輸液管理の意義・目的と対象者
2 輸液管理におけるアセスメント
3 リスクマネジメント
4 援助の実際
5 療養者・家族への支援
6 社会資源の活用・調整

◆13 褥瘡管理
1 在宅における褥瘡ケアの意義・目的
2 褥瘡発生のリスクアセスメントと予防
3 リスクマネジメント
4 援助の実際(褥瘡のアセスメントと処置)
5 療養者・家族への支援
6 多職種との連携

◆14 足病変のケア
1 足病変のケアの意義・目的と対象者
2 足病変のアセスメント
3 リスクマネジメント
4 援助の実際
5 療養者・家族への支援
6 社会資源の活用・調整
■1 多職種との連携
■2 制度

◆15 インスリン自己注射
1 在宅におけるインスリン自己注射の意義・目的と対象者
2 インスリン自己注射におけるアセスメント
3 インスリン自己注射における援助の実際
4 インスリン自己注射に生じやすいトラブル・対処
5 療養者・家族への支援
6 社会資源の活用・調整
■1 多職種連携
■2 医療資材の管理
■3 患者会・家族会

◆16 在宅CAPD管理
1 在宅におけるCAPD管理の意義・目的と対象者
2 在宅CAPD管理におけるアセスメント
3 リスクマネジメント
4 援助の実際
5 療養者・家族への支援
6 社会資源の活用・調整
■1 多職種との連携
■2 資材の調達と管理
■3 制度・社会資源の活用

◆17 疼痛管理
1 在宅療養における疼痛管理の意義・目的と対象者
2 疼痛管理におけるアセスメント
3 疼痛マネジメント
4 援助の実際
5 療養者・家族への支援
6 社会資源の活用・調整
■1 資材の調達と管理
■2 多職種連携と制度
7 補完代替療法の活用


【5】在宅療養を支える健康危機・災害対策
◆1 在宅療養における健康危機・災害対策
1 健康危機・災害対策に関わる施策・制度
2 在宅療養における健康危機・災害対策の必要性
3 災害サイクルと在宅療養者支援

◆2 地域包括ケアシステムにおける健康危機・災害対策
1 地域包括ケアシステムによる健康危機・災害対策と連携
2 訪問看護ステーションにおける健康危機・災害対策と対応

◆3 訪問看護師による健康危機・災害時対応
1 訪問看護師による対応技術
■1 アウトリーチ
■2 日ごろからの多職種連携
■3 物がない中での工夫による看護の実践
■4 災害前看護の実践
2 訪問看護事業所における災害時の事業継続計画(BCP)
■1 BCPとは
■2 訪問看護事業所における災害時のBCP
3 訪問看護における災害別の特徴と対応
4 訪問看護師の対応の実際
■1 新型コロナウイルス感染症への訪問看護の対応


【6】事例で学ぶ在宅看護の技術
◆1 在宅での自己管理を続けている独居の糖尿病療養者
1 Aさんの状況
問1−1(インスリン自己注射を継続するための社会資源)
問1−2(自宅内で生じるリスクの高い事故)
2 初回訪問後3カ月の状況
問1−3(介護保険を利用できる条件)
問1−4(介護保険認定の申請先)
問1−5(在宅療養者・家族への防災対策の指導)
問1−6(シックデイ対策の指導)

◆2 在宅で老老介護を開始する高齢の療養者
1 退院前のBさんの状況(試験外泊)
問2−1(ADL・IADLの評価ツール)
問2−2(介護力のアセスメント)
問2−3(ケアプランの立案)
2 退院後3カ月の状況
問2−4(摂食嚥下リハビリテーションの訪問看護計画)
問2−5(介護負担軽減のための支援)
問2−6(サ高住)

◆3 被虐待が疑われる認知症高齢者
1 Cさんの情報(初回訪問)
問3−1(認知症療養者の訪問看護計画の立案)
問3−2(訪問看護計画の伝達)
2 初回訪問6カ月の状況
問3−3(在宅療養継続のための療養者の健康危機管理)
問3−4(地域ケア会議のメンバー)
問3−5(在宅療養のための家族支援)

◆4 在宅での生活を希望する脳梗塞後遺症のある高齢者
1 退院前のDさんの状況
問4−1(障害高齢者の日常生活自立度判定基準)
問4−2(退院支援看護師の役割)
問4−3(試験外泊)
問4−4(退院後に導入するサービス)
2 退院後1週間の状況
問4−5(生活空間の調整)
問4−6(1)(看護計画の立案)
問4−6(2)(サービスの導入と目的)

◆5 最期まで自宅で過ごしたいターミナル期のがん療養者
1 緊急入院〜退院まで
問5−1(がん患者の在宅療養移行への条件)
問5−2(在宅療養で利用できる制度や社会資源)
問5−3(退院移行期のケアプランの立案)
2 退院後6カ月の状況
問5−4(悲嘆のプロセスとそのケア)
問5−5(補完代替療法)
問5−6(臨死期のケア)

◆6 在宅での生活に不安を抱きつつ退院するALS療養者
1 Fさんの情報
問6−1(合同カンファレンスの目的,メンバー)
問6−2(在宅療養で利用可能な制度)
2 在宅療養移行期の状況
問6−3(介護負担の軽減と支援)
問6−4(人工呼吸器装着者の災害対応)

◆7 事故により中途障害者となった成人男性
1 Gさんの情報
問7−1(福祉サービスの根拠法と申請窓口)
問7−2(1)(脊髄損傷者の排尿ケア/看護のポイント)
問7−2(2)(脊髄損傷者の排便ケア/看護のポイント)
2 1人暮らし開始後2カ月の状況
問7−3(うつ熱・熱中症の予防/看護のポイント)
問7−4(褥瘡の予防/看護のポイント)
3 緊急携帯への連絡
問7−5(自律神経過反射のケア/看護のポイント)

◆8 在宅での生活を希望する精神障害者
1 Hさんの情報
問8−1(退院前指導で訪問する目的)
問8−2(1)(精神障害者保健福祉手帳の利用)
問8−2(2)(障害者総合支援法の利用)
問8−2(3)(障害年金の利用)
2 退院後4カ月の状況
問8−3(訪問看護目標・計画)
問8−4(Hさんに適したサービス)
問8−5(療養者の自立支援とQOLの維持・向上のための在宅療養支援)

◆9 地域で生活する重症心身障害児
1 Iちゃんの状況
問9−1(在宅療養する小児の訪問看護)
問9−2(療養者の自立支援とQOLの維持・向上のための在宅療養支援)
問9−3(1)(在宅療養継続のための療養者の健康危機管理)
問9−3(2)(重症心身障害児の呼吸ケア/人工呼吸器管理)
問9−4(重症心身障害児の経管栄養とケア)
2 退院後1カ月の状況
問9−5(訪問学級)
問9−6(在宅療養継続のための家族支援)
3 放課後等デイサービスの利用

◆10 誤嚥性肺炎を生じた超高齢者
1 Jさんの状況
問10−1(緊急性と重症度を考えるポイント)
2 誤嚥性肺炎の診断後
問10−2(特別訪問看護指示書)
問10−3(超高齢者における急性症状の対処)

◆11 回復期にある高次脳機能障害療養者
1 退院前合同カンファレンスの実施
問11−1(退院前合同カンファレンス)
2 合同カンファレンス後
問11−2(高次脳機能障害の症状)
問11−3(在宅療養での高次脳機能障害の支援)

◆12 独居で終末期を迎える療養者
1 Lさんの状況
問12−1(ターミナル期に生じやすい身体症状)
2 ターミナル期
問12−2(サービス担当者会議)
3 Lさんの看取り
問12−3(在宅看取りの場合の死亡診断)

◆13 マルトリートメントが疑われる医療的ケア児
1 Mちゃんの状況
問13−1(医療的ケア児の定義)
2 訪問看護開始後1カ月
問13−2(児童虐待のリスク要因)
問13−3(児童虐待が疑われる事例の相談窓口)

■ 設問解答・解説
1 在宅での自己管理を続けている独居の糖尿病療養者
2 在宅で老老介護を開始する高齢の療養者
3 被虐待が疑われる認知症高齢者
4 在宅での生活を希望する脳梗塞後遺症のある高齢者
5 最期まで自宅で過ごしたいターミナル期のがん療養者
6 在宅での生活に不安を抱きつつ退院するALS療養者
7 事故により中途障害者となった成人男性
8 在宅での生活を希望する精神障害者
9 地域で生活する重症心身障害児
10 誤嚥性肺炎を生じた超高齢者
11 回復期にある高次脳機能障害療養者
12 独居で終末期を迎える療養者
13 マルトリートメントが疑われる医療的ケア児


【7】やってみよう!訪問看護演習
1 演習Ⅰ テーマ:初回訪問
■1学習目標
■2行動目標
■3学習方法
2 演習Ⅱ 訪問看護における医療保険と介護保険の調整
3 演習Ⅲ テーマ:在宅看護過程
■1 学習目標
■2 行動目標
■3 学習方法
4 演習Ⅳ テーマ:ケアマネジメント(サービスの調整)
■1 学習目標
■2 行動目標
■3 学習方法


・コラム
● ユマニチュード
● ICTを活用したヘルスモニタリング
● 認知行動療法を応用したリハビリテーション
● ロボット技術開発がもたらす在宅療養支援の未来
● ノーリフト
● 3.11の経験から地域ネットワークのありかたを振り返る
● 熊本地震と在宅療養者支援

・看護師国家試験出題基準(平成30年版)対照表
・索引