看護の統合と実践(3):災害看護 第5版
立ち読みする

発行 : 2022年1月

サイズ : B5判 312頁

ISBN-10 : 4-8404-7545-8

ISBN-13 : 978-4-8404-7545-7

商品コード : 308010154

在庫 : 在庫あり(申込可)

正誤表

看護基礎教育テキスト

ナーシング・グラフィカ

看護の統合と実践(3):災害看護 第5版

発行 : 2022年1月

サイズ : B5判 312頁

ISBN-10 : 4-8404-7545-8

ISBN-13 : 978-4-8404-7545-7

商品コード : 308010154

在庫 : 在庫あり(申込可)

正誤表

改訂のポイント

 ●前半で災害や災害医療に関する基本的な知識を、後半で実践的な内容を学ぶ流れに再編しました。

 ●巻頭に主な日本の災害の概要を解説する特設ページを設けました。

 ●在宅避難者への支援やコロナ禍での避難所へのありかたなど、新しい話題も詳しく解説しています。

 ●新たに「目に見えない災害への対応と課題」を追加し、放射線災害(福島第一原子力発電所事故)と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を取り上げて、目に見えないものへの恐怖がもたらす影響を知り、対応や課題を考えてもらう章としました。

 本書のポイント

 ●「災害看護は看護の原点である」をテーマに、被災地での看護活動に多数参画する筆者らが、災害看護において大切なこと、学んでほしいことを丁寧に解説しています。

 ●高齢者や子ども、妊産褥婦、障害者に加え、がんや糖尿病、呼吸機能障害など、継続的な治療を必要とする要配慮者に対する看護を幅広く網羅。より具体的な看護とケアが学べます。

 ●「DMAT」「DPAT」「DMORT」「ブリーフィング」など、災害時によく耳にする用語はPlus αで簡潔に解説しました。ポイントを絞った覚えやすい内容としています。

 ●「心のケア」については被災者に対するケアだけでなく、支援者に対するケアも深く掘り下げています。支援者が陥りやすい心理状態を知っていれば、臨床現場でも必ず役立ちます。


「シラバス・授業計画案」


旧版はこちら

著者

福井大学名誉教授/日本災害看護学会理事長 酒井 明子 編集

東京医療保健大学立川看護学部看護学科教授 長田 恵子 編集

元 東北福祉大学健康科学部保健看護学科教授 三澤 寿美 編集

3,080 円(税込)

カートに追加しました

立ち読みする

目次

<ARコンテンツ>
「メディカAR」の使い方はp.2をご覧ください.
● 平成28年熊本地震〈動画〉*
● 御嶽山の噴火災害〈動画〉*
● 南海トラフ巨大地震(内閣府)〈動画〉
● 首都直下地震(内閣府)〈動画〉
● JR西日本福知山線列車事故における後方搬送の実際(兵庫医科大学病院)〈動画〉
● フレイルチェストに対する緊急処置〈動画〉
● 代用品を使った外出血の応急処置〈動画〉
● 代用品を使った四肢骨折の固定法〈動画〉
● 手洗い〈動画〉
● 災害看護における中長期ケアの重要性〈動画〉
● 復旧復興期における看護活動〈動画〉
● 在宅療養における災害対策〈動画〉
● 酸素供給装置〈動画〉
● 授乳ケープの作り方〈動画〉
● 災害看護教育のあり方と課題〈動画〉
* 複数ページで同一のコンテンツが表示されます.



・はじめに
・本書の特徴
・近年の日本の主な災害
・近年の世界の主な自然災害

【1】災害看護とは
◆1 災害看護の定義
1 災害とは
2 災害看護とは
3 災害看護を学ぶ意味

◆2 災害と倫理
1 倫理と価値
2 災害看護における倫理原則
■1 善行と無危害
■2 正義
■3 自律
■4 誠実
■5 忠誠
3 看護実践上の倫理的概念
■1 アドボカシー
■2 責務
■3 協力
■4 ケアリング
● コラム 被災地内医療者と被災地外支援者の間の葛藤


【2】災害の種類と健康被害
◆1 災害の種類と被害・疾病の特徴
1 災害の種類
■1 発生原因による分類
|1| 自然災害
|2| 人為災害
|3| 特殊災害
|4| 複合災害
■2 発生場所による分類
|1| 都市型災害
|2| 地方型災害
2 自然災害による被害・疾病の特徴
■1 地震
|1| 外傷
|2| 災害関連死
■2 津波
|1| 多発外傷
|2| 溺水と津波肺
■3 風水害(台風・豪雨・洪水・高潮・竜巻)・土砂災害
|1| 都市型水害
|2| 風水害後の感染症
|3| 防災可能な自然災害
■4 火山・噴火災害
|1| 火砕流による熱傷・外傷死
|2| 火山性ガスと噴石
■5 雪害
|3| 人為災害による被害・疾病の特徴
■1 大型交通災害
|1| 列車事故
|2| 航空機事故
■2 マスギャザリング災害
4 CBRNE災害による被害・疾病の特徴
■1 C災害
■2 B災害
■3 R災害
■4 N災害
■5 E災害
5 複合災害の分類

◆2 災害関連死
1 災害関連死とは
2 災害関連死の発生機序
3 救急車出動件数にみる災害サイクル
4 東日本大震災における震災関連死の認定数と発生場所・原因
5 防ぎ得た災害死
6 災害関連死を減らすための取り組み


【3】災害に関する法制度
◆1 災害医療に関する国の政策
1 法制度と災害医療
■1 制度を見る視点
■2 法制度の種類
■3 弾力的な運用
■4 憲法の理念
2 防災計画と医療計画
■1 防災計画の多重構造
■2 各防災計画における災害医療
■3 医療計画
3 教訓から生まれた施策
■1 阪神・淡路大震災の教訓
■2 東日本大震災の反省点
■3 災害対策基本法の改正
4 これからの災害医療と制度
■1 自助,公助,共助
■2 医療と制度の担い手として「連携」を忘れない

◆2 災害医療に関する法律
1 医療従事者と患者の法律関係
■1 医師と患者との関係
|1| 契約の性質
|2| 患者に意識がない場合
|3| 権利義務
|4| 法律が明記する医師の義務
|5| 注意義務
■2 看護師の法的地位
2 救急業務
3 災害時の医療体制
4 トリアージと法律上の問題
■1 トリアージの分類
■2 トリアージと過失責任
■3 プライバシーの保護
■4 黒タグをめぐる課題
■5 同時死亡の推定
■6 応召義務
5 説明義務
6 転医義務
7 安否確認に対する回答
8 メディアに対する情報開示
9 遺体への対応
■1 異状死体の届出
■2 犯罪の疑いのある死体
■3 解剖
■4 遺体安置所
10 被災者支援体制
■1 災害対策基本法
|1| 各主体の責務
|2| 被災者支援措置
■2 災害救助法
|1| 救助の種類
|2| 救助の程度・方法・期間における基準(グレード)
|3| 基本原則
|4| 救助費用
11 被災者の生活支援
■1 災害弔慰金の支給等に関する法律(災害弔慰金法)
■2 被災者生活再建支援法
■3 生活保護
■4 自治体の条例
■5 義援金
12 知っておきたいその他の制度
■1 在宅被災者の支援
■2 災害ケースマネジメント
■3 被災者総合支援法の提案
● コラム 災害と「緊急事態条項」


【4】災害時の支援体制
◆1 災害時の情報収集と伝達
1 災害情報の類型
■1 危険回避情報
■2 被害情報
■3 生活情報
■4 復興支援情報
2 災害医療活動のための情報体制
■1 被災地の医療活動
■2 自治体の災害対策本部と医療情報センター
■3 広域災害救急医療情報システム(EMIS)
3 情報の伝達手段
■1 災害時の通信
■2 行政機関の手段
|1| 防災無線網
|2| 市民への情報伝達
■3 災害時優先電話
■4 市民レベルの手段
4 情報収集と分析・活用
■1 マスメディア情報の活用と分析
■2 被害情報の空白域
■3 在宅避難者への医療支援

◆2 災害医療体制
1 災害拠点病院
■1 災害拠点病院の指定
■2 災害拠点病院の整備過程
|1| 阪神・淡路大震災の教訓
|2| 東日本大震災の教訓
|3| 熊本地震の教訓
|4| その後の災害における教訓
2 医療・保健チーム
■1 災害派遣医療チーム(DMAT)
■2 災害派遣精神医療チーム(DPAT)
■3 災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT)
■4 日本医師会災害医療チーム(JMAT)
■5 その他の医療チーム
|1| 日本災害リハビリテーション支援協会(JRAT)
|2| 日本栄養士会災害支援チーム(JDA-DAT)
|3| 日本赤十字救護班
|4| 国立病院機構初動医療班,医療班
■6 災害支援ナース
3 災害医療コーディネーター

◆3 災害時における連携と協働
1 連携と協働
■1 連携・協働の必要性
■2 連携・協働の形態
|1| 官民協働
|2| 地域協働
|3| 支援協働
■1ネットワークとパートナーシップ
■2医療・看護のネットワーク
2 災害ボランティア
■1 災害ボランティアとは
■2 災害ボランティアの役割
■3 これからの課題
● コラム 熊本地震におけるDMATの活動を振り返って


【5】災害医療活動の特徴
◆1 災害サイクル
1 災害サイクルとは
2 静穏期・準備期:災害発生前
■1 防災体制の整備
■2 医療機関における防災準備
■3 災害教育・訓練,地域への啓蒙活動
■4 防災ネットワークづくり
3 超急性期:発災~72時間
4 急性期:~1週間
■1 人命救助と初動体制の確立
■2 災害医療と救急医療の違い
■3 心理面への配慮を怠らない
■4 亜急性期の医療へ円滑につなぐ
5 亜急性期:~1カ月
■1 避難所での支援:二次的な健康被害への対応
|1| 被災者の健康状態の評価
|2| 生活環境の改善
■1 心のケア
■2 他職種との連携
6 復旧復興期:~3年
■1 避難所・応急仮設住宅での看護活動
■2 心のケア
■3 他職種との連携と調整

◆2 体系的対応の基本原則
1 CSCATTTとは
■1 Command & Control:指揮・統制
■2 Safety:安全
|1| Self:自身
|2| Scene:活動場所
|3| Survivor:生存者
■3 Communication:情報伝達
|1| 情報の伝達方法
■4 Assessment:評価
2 後方支援:ロジスティクス

◆3 トリアージ
1 トリアージの定義
2 トリアージによる判定区分
3 トリアージの実際
■1 一次トリアージ
■2 二次トリアージ
4 トリアージを行う看護師に必要な視点

◆4 応急処置・治療
1 災害時の外傷初期診療
■1 安定化治療とは
■2 安定化治療のABCDECrアプローチ
|1| 気道(A)
|2| 呼吸(B)
|3| 循環(C)
|4| 中枢神経(D)
|5| 脱衣と体温管理(E)
|6| 圧挫症候群(Cr)
2 代用品を利用した応急処置

◆5 移送・搬送
1 救護所から医療機関への搬送
2 医療搬送
■1 広域医療搬送
■2 地域医療搬送

◆6 感染症対策
1 災害時における感染症対策の重要性
2 感染症サーベイランス
■1 災害時における感染症サーベイランス
■2 各フェーズにおける感染症対策
|1| 超急性期(発災直後~72時間)
|2| 急性期(~1週間)
|3| 亜急性期(~1カ月)
|4| 平時の備え
■3 感染症対策と対応の実際
|1| 病原体対策
|2| 感染経路対策
|3| 感染症に関するリスクアセスメント
● コラム 「災害看護は看護の原点である」という言葉に支えられた日々


【6】災害初期から中長期における看護活動
◆1 初動時(超急性期・急性期)における看護活動
1 災害発生期:発災~数時間
2 超急性期・急性期:発災後数時間~1週間
3 亜急性期:発災後1週間~1カ月
4 発災時における病棟での初動ポイント
■1 Command&Control:指揮命令・統制
■2 Safety:安全確保
■3 Communication:情報伝達
■4 Assessment:評価

◆2 医療救護所での看護活動
1 医療救護所とは
■1 病院前医療救護所
■2 避難所医療救護所
■3 拠点医療救護所
■4 現場救護所
2 現場救護所における看護師の役割
■1 携行医療資器材と準備
■2 現場救護所の設営
3 現場救護所における看護活動の実際
■1 現場救護所でのマネジメント
■2 診療の補助

◆3 避難所での看護活動
1 避難所の定義と課題
■1 避難所とは
■2 指定緊急避難場所と指定避難所
■3 福祉避難所
■4 指定避難所・福祉避難所の課題
2 避難所における看護職者の役割
■1 避難所環境・衛生面の管理
|1| トイレの管理
|2| 食事の管理
|3| 土足の管理
|4| ペットの管理
|5| 要配慮者のスペースの管理
■2 健康面の管理
|1| 感染症の予防
|2| 室温,湿度の管理
|3| 生活不活発病の予防
|4| メンタル面の管理
3 避難所における看護活動の実際
■1 時間の変化に応じた支援
■2 避難所の成り立ちを踏まえる
4 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と避難所

◆4 応急仮設住宅での看護活動
1 応急仮設住宅
■1 応急仮設住宅の定義
■2 応急仮設住宅で暮らす人々の現状
2 応急仮設住宅における看護職者の役割
■1 応急仮設住宅における支援の現状
■2 応急仮設住宅での看護職者の役割
3 応急仮設住宅での看護の実際

◆5 自宅避難者に対する看護活動
1 自宅避難者とは
2 自宅避難者に必要な看護
■1 自宅(在宅)で生活する要援護者
■2 自宅療養(在宅療養)における医療機器,介護用品支援
■3 要援護者の情報の収集
3 自宅避難者への看護の実際

◆6 復興期の看護活動
1 復興期と災害公営住宅
2 復興期に必要なケアと支援
■1 災害時の傷の快癒と心のケア
■2 閉じこもり防止とコミュニティーの形成
■3 生活環境の改善と健康づくり
3 復興期における看護職者の役割
4 災害公営住宅等における看護活動の実際
● コラム 鬼怒川水害~看護師として何ができるか~
● コラム 熊本豪雨における保健師に寄り添った避難所支援と在宅支援
● コラム 応急仮設住宅での24時間365日体制の支援活動
● コラム 住み慣れた家・地域での暮らしの喜び~仮設住宅での暮らしを経験して~


【7】被災者と支援者の心理の理解と援助
◆1 被災者の心理の理解と援助
1 災害とストレス
2 被災者のストレスとストレス反応
3 被災者への心理的援助(心理社会的支援)

◆2 遺族に必要な支援と看護
1 遺族の心理的特徴と必要な支援
■1 災害遺族の対象喪失と悲嘆
■2 悲嘆反応
■3 悲嘆のプロセス
■4 サバイバーズギルト
■5 悲嘆と自殺
■6 遺族に必要な支援とは
2 遺族への看護
■1 複雑性悲嘆
■2 グリーフケア

◆3 支援者の心理の理解と援助
1 支援者の立場と役割
■1 自らも被災者で,支援活動は職務である
■2 自らも被災者だが,自発的に支援を行っている
■3 外部からの自発的支援である
■4 外部からの職務・命令による支援である
2 支援者のストレス
■1 危機(トラウマ)的ストレス
■2 基礎的(生活)ストレス
■3 累積的ストレス
3 支援者のストレス反応
■1 私にしかできない状態
■2 燃え尽き症候群(バーンアウト)
■3 被災者離れ困難症
■4 元に戻れない状態
4 救援時期にみる医療者の心理
■1 災害発生直後(超急性期)
■2 発災後数日~1週間(急性期)
■3 発災後1週間~1カ月(亜急性期)
■4 1カ月~3年(復旧復興期)
5 医療者のストレスマネジメント
■1 支援に行く前
■2 支援活動中
■3 支援活動後
● コラム 足湯ボランティア


【8】配慮を必要とする人への看護
◆1 支援を必要とする要配慮者
1 要配慮者の定義
2 災害時要援護者とは
3 避難行動要支援者とは

◆2 高齢者に必要な支援と看護
1 避難所での看護(急性期・亜急性期:発災~1カ月)
■1 高齢者の心理的特徴と看護
■2 高齢者の健康課題と看護
|1| 災害関連疾患
|2| 認知症
■3 高齢者の日常生活上の課題と看護
|1| 環境の整備
|2| 食生活
|3| 排泄
|4| 清潔
|5| 生活不活発病
2 応急仮設住宅での看護(復旧復興期:1カ月~3年)
■1 心的外傷後ストレス障害(PTSD)と抑うつ
■2 閉じこもりと孤独死

◆3 障害者に必要な支援と看護
1 知的障害者に必要な支援と看護
2 発達障害者に必要な支援と看護
3 身体障害者に必要な支援と看護
■1 視覚障害者に必要な支援と看護
■2 聴覚障害者に必要な支援と看護
■3 肢体不自由者に必要な支援と看護

◆4 継続的な治療が必要な人への支援と看護
1 がん患者への支援と看護
■1 がん患者に必要な支援
■2 がん患者への看護
2 糖尿病患者への支援と看護
■1 糖尿病患者に必要な支援
■2 糖尿病患者への看護
3 腎機能に障害がある患者への支援と看護
■1 腎機能に障害がある患者に必要な支援
■2 腎機能に障害がある患者への看護
4 高血圧症患者への支援と看護
■1 高血圧症患者に必要な支援
■2 高血圧症患者への看護
5 循環器疾患患者への支援と看護
■1 循環器疾患患者に必要な支援
■2 循環器疾患患者への看護
6 神経難病患者への支援と看護
■1 ALS患者に必要な支援
■2 ALS患者への看護
7 呼吸機能に障害がある患者への支援と看護
■1 呼吸機能に障害がある患者に必要な支援
■2 呼吸機能に障害がある患者への看護
8 肝機能に障害がある患者への支援と看護
■1 肝機能に障害がある患者に必要な支援
■2 肝機能に障害がある患者への看護
9 ストーマ造設者に必要な支援と看護
■1 ストーマ造設者に必要な支援
■2 ストーマ造設者への看護
10 免疫機能に障害がある患者への支援と看護
■1 免疫機能に障害がある患者に必要な支援
■2 免疫機能に障害がある患者への看護
11 精神疾患患者への支援と看護
■1 精神疾患患者に必要な支援
■2 精神疾患患者への看護

◆5 医療処置が必要な人への支援と看護
1 重症心身障害児・者に必要な支援と看護
2 医療的ケア児に必要な支援と看護
3 人工呼吸器装着者に必要な支援と看護
4 在宅酸素療法中の患者に必要な支援と看護
5 気管切開患者に必要な支援と看護
6 吸引が必要な患者への支援と看護
7 胃瘻・腸瘻の造設者に必要な支援と看護
8 腹膜透析患者に必要な支援と看護
9 オピオイド等の薬剤を使用している人に必要な支援と看護
10 ポンプ類を使用している患者に必要な支援と看護

◆6 乳幼児および子どもに必要な支援と看護
1 乳幼児に必要な支援
2 乳幼児への看護
■1 乳児への看護
■2 幼児への看護
3 子どもに必要な支援
4 子どもへの看護
5 親を亡くした子ども,親との関係に課題がある子どもへの看護
■1 親を亡くした子どもへの支援と看護
■2 児童虐待
■3 ドメスティックバイオレンス(DV)

◆7 妊産褥婦に必要な支援と看護
1 妊産褥婦に必要な支援
2 妊産褥婦への看護
■1 妊婦への看護
■2 産婦への看護
■3 褥婦への看護

◆8 外国人に必要な支援と看護
1 外国人に必要な支援
■1 初期避難には「やさしい日本語」を
■2 文化・言葉に配慮した避難所生活
■3 正確な情報を母語で確認できる環境の構築
■4 安否確認と出国
■5 制度・行政の対応
■6 三つの壁に配慮したトリアージ・災害時医療支援
■7 心の支え
■8多言語化・多国籍化に対する備え
2 外国人への看護
■1 良好なコミュニケーション
■2 文化に考慮した看護
● コラム 災害時における要配慮者トリアージへの取り組み
● コラム 人生の統合と災害〜平成28年熊本地震の支援から
● コラム 災害とがん患者
● コラム 東日本大震災からの提言〜そのとき何が起き,どう対処したか〜


【9】防災・減災マネジメント
◆1 防災・減災・レジリエンス
1 防災の定義
2 防災の新しい考え方:減災と危機管理
■1 減災とは
■2 危機管理とは
3 リスクマネジメントとクライシスマネジメント
4 災害復旧と災害復興
5 復旧復興とレジリエンス

◆2 災害に備えた事業継続計画(BCP)
1 事業継続計画(BCP)
■1 事業継続計画とは
■2 病院における事業継続計画の基本
■3 従来の災害対応マニュアルとBCPマニュアルの違い
2 事業継続マネジメント:BCMとBCMS
■1 PDCAサイクルとBCM
■2 BCMS
3 事業継続ガイドライン

◆3 災害時の組織体制
1 病院における災害時の組織体制
■1 インシデントコマンドシステムの確立
■2 減災・防災計画の立案と災害対応マニュアルの作成
■3 教育・啓発活動(人的マネジメント)
■4 災害訓練
2 地域における災害時の組織体制
■1 地域防災体制の構築
■2 地域防災人材の育成
■3 地区防災計画の実践
● トピックス 静穏期における災害看護活動「まちの減災ナース指導者」の養成
3 学校における災害時の組織体制
■1 学校における防災についての三つの視点
■2 学校施設の整備
■3 学校防災マニュアルの策定
● コラム 災害を想定した病院看護部の備え
● コラム 『特別支援学校用災害シミュレーションパッケージ』の活用
● コラム 日ごろから減災を考える看護「まちの減災ナース指導者」の活動


【10】災害時の国際援助
◆1 海外における災害看護
1 グローバリゼーションと災害看護
■1 世界で広がる異常気象と感染症
■2 グローバリゼーションの利点と災害時の国際看護
■3 日本災害看護学会と世界災害看護学会
2 異文化への配慮
3 異文化理解能力と異文化間トレランス
■1 異文化理解能力
■2 異文化リテラシー
■3 異文化間トレランス
4 カルチャーショック

◆2 国際協力活動
1 国際活動組織
■1 国際機関による議論
1 国連防災世界会議
2 その他の会議
■2 世界保健機関(WHO)による災害対応
■3 日本の政府開発援助(ODA)
■4 国際緊急援助隊(JDR)
■5 NGO
2 世界で期待される災害看護とは
● コラム 災害時のNGOによる国際援助
● コラム ネパール大地震の経験から


【11】災害看護教育と研究
◆1 災害看護教育
1 目標と学習内容
2 災害看護専門看護師

◆2 災害看護研究
1 災害看護研究の意義
● コラム 災害看護専門看護師教育課程における演習(教育教材作成)での学びから


【12】目に見えない災害への対応と課題
◆1 放射線災害
1 福島第一原子力発電所事故のいま
2 もしまた起こったら:そのときどう備えるのか

◆2 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
1 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とは
■1 感染経路
|1| 飛沫感染
|2| エアロゾル感染
■2 潜伏期・感染可能期間
■3 臨床症状
■4 検査・診断
■5 治療
■6 重症化のリスク
■7 合併症
■8 後遺症
2 医療現場
■1 医療機関における感染対策
■2 病棟におけるゾーニング
■3 医療従事者の感染防護
|1| 個人防護具(PPE)
|2| マスク
|3| 手指衛生
|4| 環境消毒
|5| 免疫力の向上
3 風評被害
4 医療崩壊
5 新型コロナワクチン
6 新たな生活のありかた
● コラム 東日本大震災と福島第一原子力発電所事故
● コラム 日本で最初のCOVID-19軽症患者受け入れ宿泊施設


・学習参考文献
・看護師国家試験出題基準(平成30年版)対照表
・索引