老年看護学(2):高齢者看護の実践 第6版
立ち読みする

発行 : 2023年1月

サイズ : B5判 464頁

ISBN-10 : 4-8404-7841-4

ISBN-13 : 978-4-8404-7841-0

商品コード : 308010085

在庫 : 在庫あり(申込可)

看護基礎教育テキスト

ナーシング・グラフィカ

老年看護学(2):高齢者看護の実践 第6版

発行 : 2023年1月

サイズ : B5判 464頁

ISBN-10 : 4-8404-7841-4

ISBN-13 : 978-4-8404-7841-0

商品コード : 308010085

在庫 : 在庫あり(申込可)

●生活場面別に構成し、高齢者特有の動作・症状・疾患とその看護について解説しました。

●認知症や高齢者特有の精神疾患について丁寧に解説し、高齢者の全人的理解を促すとともに、看護に必要な視点を養えるようにしました。

●高齢者看護における薬物療法、手術療法、リハビリテーションについて、看護のポイントをまとめています。

●ターミナル期、臨死期、看取りといった時期において、高齢者、家族とどのように関わるかを解説し、看護師としての役割や考え方について述べています。

●慢性疾患をもつ高齢者や周術期の高齢者、リハビリテーション病棟、介護施設などの実習場面を想定し、事例をもとに、目標志向型思考に沿って、健康課題の抽出から看護実践・評価まで、詳しく解説しています。

「はじめに」
「シラバス・授業計画案」
旧版はこちら

著者

佐久大学学長 堀内 ふき 編集

千葉大学大学院看護学研究院長 諏訪 さゆり 編集

九州看護福祉大学看護学科教授 山本 恵子 編集

3,960 円(税込)

カートに追加しました

立ち読みする

目次

【ARコンテンツ】
●生活内容・健康状態のアセスメント〈動画〉
●摂食嚥下障害のスクリーニングテスト〈動画〉
●部分浴〈動画〉
●足浴〈動画〉
●義歯のケア〈動画〉
●保湿剤の塗布〈動画〉
●フットケア〈動画〉
●高齢者の健康的な生活(ダイヤビックを例として)〈動画〉
●移動に関わる機能のアセスメント〈動画〉
●老年症候群〈アニメーション〉
●関節可動域訓練(ROM訓練)〈動画〉
●慢性閉塞性肺疾患(COPD)の病態生理〈アニメーション〉
●刺激伝導系〈アニメーション〉
●地域包括支援センター〈動画〉
●介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)〈動画〉
●認知症対応型共同生活介護〈動画〉
●医療ニーズの高い在宅要介護高齢者のためのサービス〈動画〉

・「メディカAR」の使い方
・はじめに
・本書の特徴

高齢者の生活を支える看護
【1-1 食生活を支える看護】
■1 食 事
1 食生活
2 高齢者にとって必要なエネルギーと栄養
(1)エネルギー
(2)栄養素とバランス
(3)水分
(4)塩分
3 食事に影響を及ぼす要因
(1)身体面からの要因
|1|感覚器の低下
|2|咀嚼・嚥下機能の低下
|3|消化機能の低下
(2)精神面からの要因
(3)生活面からの要因
|4|食事のアセスメント
|5|食事のセルフケア支援のポイント
(1)食べ物の形態
(2)食器
6 口腔ケア
■2 脱水
1 高齢者の脱水症の背景と特徴
(1)脱水症とは
(2)高齢者が脱水に陥りやすい原因
(3)脱水症の症状および程度
2 脱水症のアセスメント
3 脱水症の看護と評価
(1)脱水症の人に対する看護の実践
(2)看護の評価の視点
■3 摂食嚥下障害
1 高齢者の摂食嚥下障害の背景と特徴
(1)摂食嚥下のメカニズム
|1|摂食嚥下の過程
(2)高齢者の摂食嚥下機能の特徴
|1|誤嚥
(3)摂食嚥下障害の原因
2 摂食嚥下障害のアセスメント
(1)摂食嚥下プロセスの観察
(2)基礎疾患の病態および内服薬,既往歴の確認
(3)全身状態
(4)口腔内の状態
3 摂食嚥下障害の看護と評価
(1)摂食嚥下障害の人に対する看護の実践
(2)看護の評価の視点
■4 低栄養
1 高齢者の低栄養の背景と特徴
(1)低栄養とは
(2)高齢者の低栄養の原因
2 低栄養のアセスメント
(1)低栄養のリスクの判断
(2)栄養アセスメントの種類と指標
|1|主観的評価指標
|2|客観的評価指標
3 栄養管理と評価
(1)多職種協働による栄養ケア・マネジメント

【1-2 排泄を支える看護】
■1 排泄
1 排泄行動自立の意義
2 加齢による排尿の変化
(1)尿の生成と排尿のメカニズム
(2)下部尿路機能障害と下部尿路症状
3 加齢による排便の変化
(1)便の生成と排便のメカニズム
(2)排便障害(便秘・下痢・便失禁)
4 排泄動作に必要な主な生活機能(身体機能・認知機能)
(1)身体機能
(2)認知機能
5 排泄のアセスメント
(1)アセスメントのポイント
(2)排泄機能のアセスメント
(3)自覚症状評価と質問票
6 排泄の支援
■2 尿失禁
1 高齢者の尿失禁の病態
2 尿失禁のアセスメント
(1)排尿に関する状況
(2)日常生活の障害,社会生活の障害
3 尿失禁の看護
(1)骨盤底筋群の筋力低下への看護
(2)尿失禁に関連した社会生活縮小の予防
(3)尿路感染の予防
(4)環境調整
(5)排尿誘導
■3 排便障害(便秘・下痢・便失禁)
1 高齢者の排便障害(便秘・下痢・便失禁)の病態
2 排便障害(便秘・下痢・便失禁)のアセスメント
3 排便障害(便秘・下痢・便失禁)の看護
(1)便秘のケア
(2)下痢のケア
(3)便失禁のケア

【1-3 清潔・衣生活を支える看護】
■1 清潔・衣生活
1 清潔
(1)高齢者にとっての清潔の意義
(2)高齢者の清潔保持に影響するもの
2 清潔のセルフケア支援
(1)入浴
|1|入浴時の留意点
|2|自立度に応じた援助の工夫
(2)部分浴(手浴と足浴)
(3)清拭
|1|清拭時の留意点
(4)毛髪の清潔
3 口腔の清潔
(1)口腔の健康管理
(2)口腔ケアの方法
|1|必要物品の選定
|2| ケア開始時の含嗽
|3| 義歯の取り外し
|4| 舌・頬粘膜のケア
|5| 残存歯の清掃
|6| ケア後の含嗽
|7| 義歯のブラッシング
|8| 義歯の取り付け
4 衣生活
■2 瘙痒(かゆみ)
1 かゆみの分類とアセスメント
(1)発症メカニズムによる分類
(2)皮疹の有無による分類
(3)かゆみのアセスメント
2 高齢者にみられやすいドライスキンによるかゆみ
3 老人性皮膚 瘙痒症に対する看護
(1)スキンケア
(2)生活指導
■3 痛み・しびれ
1 高齢者にとっての痛み
2 痛みのアセスメント
3 高齢者に多い痛みを伴う疾患
4 高齢者のしびれ
■4 感染症
1 高齢者の感染症の背景と特徴
(1)高齢者が感染症に罹患しやすい理由
(2)感染症が高齢者の生活に与える影響
(3)高齢者に多くみられる感染症
|1| インフルエンザ
|2| 疥癬
|3| ノロウイルス
2 感染のリスクアセスメント
3 感染症の看護
(1)感染の予防
(2)感染症の早期発見のための高齢者の症状観察
(3)感染発症時の看護

【1-4 活動と休息を支える看護】
■1 活動と休息
1 高齢者の活動と休息の特徴
(1)活動と休息のもつ意味
(2)高齢者にとっての活動と休息の意味
(3)高齢者の活動と休息に影響を与える要因
2 活動と休息のアセスメント
3 活動と休息への支援
(1)高齢者の活動への支援方法
|1|福祉用具を用いた支援方法
|2| 活動への参加を促すための支援方法
|3|転倒などの事故防止のための支援方法
|4|水分補給への支援方法
(2)高齢者の休息への支援方法
|1|リラクセーションの方法
|2|夜間の睡眠確保への支援方法
・アロマセラピーマッサージ
(3)高齢者の活動と休息のバランス管理への支援方法
|1| 生活リズムを整えるための支援方法
■2 視覚・聴覚の障害
1 高齢者の視覚障害の背景と特徴
(1)老人性白内障の特徴
(2)高齢者の緑内障の特徴
2 視覚障害のある高齢者の理解
3 高齢者の聴覚障害の背景と特徴
4 聴覚障害のある高齢者とのコミュニケーション
5 補聴器の使用
(1)初めて補聴器を使うときのポイント
■3 睡眠障害
1 人間が睡眠をとるのはなぜか
2 睡眠覚醒リズムが整う条件
3 高齢者の睡眠の特徴
4 睡眠に影響を及ぼすもの
(1)深部体温
(2)メラトニン
(3)疾患や薬物の影響
(4)その他の要因
5 睡眠を支える看護

【1-5 歩行・移動を支える看護】
■1 歩行・移動
1 高齢者にとっての歩行・移動
(1)歩行・移動とは何か
(2)歩行障害の主な原因
2 歩行・移動のアセスメント
3 歩行・移動への支援
(1)歩行・移動を妨げる原因の除去と有する機能の維持・向上
(2)歩行・移動を助ける補助具の使用
(3)歩行・移動に障害のある高齢者の看護
■2 骨粗鬆症
1 高齢者の骨粗鬆症の背景と特徴
2 骨粗鬆症のアセスメント
3 骨粗鬆症の援助と評価
■3 骨折
1 高齢者の骨折の背景と特徴
(1)骨折の分類と症状
(2)高齢者に多い骨折
2 骨折のアセスメント
3 骨折の看護と評価
(1)脊椎圧迫骨折
(2)上腕骨近位端骨折・橈骨遠位端骨折
(3)大腿骨近位部骨折
■4 廃用症候群
1 高齢者の廃用症候群の背景と特徴
(1)廃用症候群とは
(2)廃用症候群の主な症状
(3)廃用症候群の要因と特徴
2 廃用症候群予防のためのアセスメント
(1)廃用症候群の予防的アセスメント
(2)廃用症候群が起きてからのアセスメント
3 廃用症候群予防のための看護と評価
■5 褥瘡
(1)発生機序
(2)好発部位
(3)危険因子
(4)アセスメントと評価
(5)治療と看護

【1-6 呼吸・循環機能障害を支える看護】
■1 はじめに
■2 肺炎
1 高齢者の肺炎の背景と特徴
(1)肺炎の分類
(2)症状
(3)診断
(4)抗菌薬の使用
2 肺炎のアセスメント
3 肺炎の看護と評価
(1)アセスメント
(2)看護計画
(3)評価
■3 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
1 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の背景と特徴
(1)症状
(2)診断
(3)治療
2 慢性閉塞性肺疾患(COPD)のアセスメント
3 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の看護と評価
(1)看護目標
(2)看護計画
(3)評価
■4 高血圧
1 高血圧の背景
(1)JSH2019における降圧目標
(2)診察室血圧に基づいた脳心血管病のリスク層別化
2 高齢者の高血圧の特徴とアセスメント
(1)加齢変化の影響
(2)血圧の動揺性
(3)診察室血圧と診察室外血圧による高血圧
(4)二次性高血圧の原因
3 高血圧の看護と評価
(1)生活習慣の是正
(2)降圧薬の内服と服薬管理
■5 脳卒中
1 高齢者の脳卒中の背景と特徴
(1)脳出血
(2)脳梗塞
(3)脳卒中による障害
2 脳卒中のアセスメント
(1)急性期
|1|脳出血,くも膜下出血
|2| 脳梗塞
|3| 高齢者の特徴
(2)慢性期
|1| 再発予防
|2| 高齢者への支援
(3)リハビリテーション
3 脳卒中の看護と評価
(1)急性期
(2)慢性期
|1|面・身体面の評価
|2|認知機能のアセスメント
|3| ADLの看護と評価
|4| QOLの評価
|5| 高次脳機能障害への看護と評価
|6|ICFを用いた評価
■6 不整脈
1 高齢者によくみられる不整脈の特徴
2 不整脈のアセスメント
(1)心房細動
(2)徐脈性不整脈
|1|洞機能不全症候群
|2|房室ブロック
3 不整脈の看護と評価
(1)心房細動
(2)徐脈性不整脈
■7 心不全
1 高齢者の心不全の背景と特徴
(1)心不全の定義と疫学
(2)心不全の分類
(3)加齢変化と心不全の病態
2 心不全のアセスメント
(1)基礎疾患と増悪因子
(2)徴候・症状と日常生活への影響
(3)検査値
(4)薬物療法の効果と副作用
(5)患者・家族の心理・社会的側面
3 心不全の看護と評価
(1)急性期
(2)維持期
(3)終末期
・心不全の分類

【1-7 その他高齢者に特徴的な疾患・症状を支える看護】
■1 はじめに
■2 パーキンソン病
1 パーキンソン病の背景と特徴
(1)病態と症状
(2)診断
(3)治療
2 パーキンソン病のアセスメント
(1)アセスメント項目
3 パーキンソン病の看護と評価
(1)歩行や転倒予防に対する援助
(2)日常生活に関する援助
(3)薬物療法時の援助
(4)精神面の援助
(5)家族の支援
■3 がん
1 高齢者のがんの背景と特徴
2 肺癌
(1)病態
(2)早期発見のためのアセスメント
(3)治療
3 大腸癌
(1)病態
(2)早期発見のためのアセスメント
(3)治療
4 胃癌
(1)病態
(2)早期発見のためのアセスメント
(3)治療
5 高齢がん患者と家族への看護
(1)高齢者のがんの特徴
(2)高齢者への病状の説明
(3)高齢者の療養生活の意思決定を支える
(4)治療を受ける高齢者への看護
|1| 手術を受けた高齢者への看護
|2| 化学療法を受ける高齢者への看護
|3| 放射線治療を受ける高齢者への看護
|4| 末期がんの状態にある高齢者への看護
(5)高齢者の緩和ケアチーム医療のありかたと家族支援
■4 糖尿病
1 高齢者の糖尿病の背景と特徴
(1)高齢者の糖尿病の背景
(2)高齢者の糖尿病の特徴
2 糖尿病のアセスメント
3 糖尿病の看護と評価
(1)糖尿病であった患者が高齢になった場合
(2)高齢になって糖尿病になった場合
(3)看護の評価
■5 慢性腎臓病(CKD)
1 慢性腎臓病(CKD)の背景と特徴
(1)診断・分類
(2)基礎疾患・増悪因子
2 慢性腎臓病(CKD)のアセスメント
(1)食事療法
(2)薬物療法
3 慢性腎臓病(CKD)の看護と評価
(1)看護目標
(2)ケア
(3)評価
■6 電解質代謝異常
1 高齢者の電解質代謝異常の背景と特徴
2 ナトリウム代謝異常のアセスメントと看護
(1)低ナトリウム血症
(2)高ナトリウム血症
3 カリウム代謝異常のアセスメントと看護
(1)低カリウム血症
(2)高カリウム血症
4 その他の電解質代謝異常
■7 浮腫
1 高齢者の浮腫の背景と特徴
(1)高齢者の浮腫の特徴
2 浮腫のアセスメント
3 浮腫の看護と評価
■8 貧血
1 高齢者の貧血の背景と特徴
(1)高齢者の貧血の特徴
2 貧血のアセスメント
3 貧血の看護と評価
■9 めまい
1 高齢者のめまいの背景と特徴
2 めまいへの対処方法
■10 低体温・熱中症
1 高齢者の低体温
2 高齢者の熱中症

【2 認知症・うつ病・せん妄の看護】
■1 認知症
1 認知症の病態と要因
(1)認知症の定義
|1| WHOの国際疾病分類
|2| 軽度認知障害(MCI)の定義
(2)認知症の原因疾患
|1| アルツハイマー型認知症の特徴
|2| 血管性認知症の特徴
|3| レビー小体型認知症の特徴
|4| 前頭側頭型認知症の特徴
(3)認知症の対策
|1| 認知症の疫学
|2| 日本における認知症対策の基本的な考え方
2 認知症の症状の理解とケア
(1)認知症ケアの原則
|1| パーソン・センタード・ケア
(2)認知機能障害(認知症の中核症状)
(3)認知機能障害と認知症高齢者の言葉・行動・思いを尊重したケア
|1|記憶障害
|2| 注意障害
|3| 見当識障害
|4| 実行機能障害
|5| 失行
|6| 失認
|7| 失語
(4)認知症の生活障害とケア
(5)認知症の行動・心理症状(BPSD)とケア
3 認知機能の評価方法
(1)観察式
(2)質問式
4 認知症の予防と治療
(1)認知症予防
(2)薬物療法
|1| 認知機能障害の薬物療法
|2| 行動・心理症状の薬物療法
|3| その他の注意すべき薬剤
5 認知症高齢者とのコミュニケーションの基本
6 急性期医療における認知症高齢者へのアプローチ
7 認知症の非薬物療法
(1)行うよう強く勧められるもの
|1|現実見当識訓練
(2)行うよう勧められるもの
|1| 音楽療法
(3)行うよう強く勧められるだけの根拠がないもの
|1| 回想法
|2| アニマルセラピー
(4)その他の療法的アプローチ
|1| 園芸療法
|2| アロマセラピー
|3| ユマニチュードⓇ
8 認知症高齢者の家族への支援とサポートシステム
(1)認知症の早期診断
(2)早期の相談
(3)支援体制の利用
(4)認知症についての学習
(5)介護サービスの利用による生活リズムの調整
9 認知症高齢者の人権と権利擁護
10 認知症高齢者の終末期ケア
(1)終末期医療における認知症高齢者の意思決定支援
|1| ACPや事前指示の確認
|2| 認知症高齢者の意思決定能力を高めるケア
(2)重度認知症高齢者の終末期ケア
|1| 人工的水分・栄養補給
(3)重度認知症高齢者の代理決定をする家族等への援助
■2 うつ病
1 高齢者のうつ病の背景と特徴
(1)うつ病の診断と高齢者
(2)高齢者のうつ病の発症要因
(3)高齢者のうつ病の臨床症状の特徴
(4)仮性認知症(うつ状態)と認知症の区別
2 うつ病の治療
(1)非薬物療法
(2)薬物療法
3 うつ病の看護のポイント
(1)うつ病の可能性の検討
(2)信頼関係の構築と受診への支援
(3)服薬支援と治療効果,副作用の確認
(4)日常生活を整える支援
(5)自殺企図の防止
(6)家族への支援
■3 せん妄
1 せん妄の理解と発症リスクのアセスメント
2 せん妄の予防と早期発見
(1)せん妄の予防
(2)せん妄の早期発見
3 せん妄発症時の包括的ケア
(1)せん妄の重症化を防ぐ
(2)せん妄の長期化を防ぐ
4 家族への説明
5 せん妄ケアのシステム化

【3 治療を受ける高齢者の看護】
■1 薬物療法
1 加齢による生理学的変化(薬物動態,薬力学)
(1)薬物動態
(2)薬力学
2 薬物療法による有害反応
3 服薬行動・服薬管理
(1)服薬管理で注意すべき高齢者の状態
(2)コンプライアンスとアドヒアランス
(3)コンコーダンス
(4)お薬手帳やかかりつけ薬局の必要性
■2 手術療法
1 高齢者の手術
2 手術を受ける前に
(1)高齢者の手術の適応
(2)加齢と手術侵襲
3 術前オリエンテーション
(1)目的と主な項目
(2)高齢者へのインフォームドコンセント:心の準備
(3)身体の準備
(4)高齢者と麻酔
4 周術期の看護
(1)周術期の観察ポイント
(2)入院時からの退院計画
(3)観察ポイントとケア
5 手術を受ける高齢者の精神的ケア
(1)術後せん妄
6 家族への影響
7 緊急手術を受ける高齢者とその家族の看護
(1)緊急手術
(2)緊急手術のためのリスクマネジメント
|1| 発症から救急搬送まで
|2| 救急搬送から緊急手術まで
(3)術中の注意
(4)術後のケア
(5)家族への看護
■3 リハビリテーション
1 リハビリテーションの対象者とは
2 加齢とリハビリテーション
3 リハビリテーション開始前の注意
(1)開始前の確認事項
(2)実施前後の注意
4 経過別リハビリテーションの特徴
(1)急性期
(2)回復期
(3)維持期
(4)終末期
5 身体と心の休息の効果
(1)身体の休息:効果的な休息と午睡
(2)心の休息:ストレスコーピング
6 リハビリテーションのまとめ
■4 診察・検査
1 高齢者の診察
(1)受診経路
(2)初診での観察ポイント
(3)面接時の注意
2 高齢者の検査
(1)検査前から始まる看護
(2)高齢者の検査値
(3)検査結果の説明
■5 入院
1 入院に伴う生活変化
2 対象理解
(1)入院前からの情報収集
(2)入院時のチェックポイント:退院時を見越して
3 入院時のオリエンテーション
4 入院中のリスク
5 入院生活の環境
6 終末期における入院
■6 退院
1 退院を取り巻く社会状況
2 退院までの隙間を考える
3 退院計画と看護
(1)退院計画
(2)退院計画のプロセス
(3)特に退院計画が必要な患者:自宅退院が困難な場合
4 高齢者が使える各種サービス
■7 行動制限
1 行動制限とは
2 行動制限が必要な場合
(1)なぜ身体拘束をするのか
(2)行動制限のリスク
(3)家族または重要他者からみた行動制限
(4)高齢者の入院と行動制限
3 認知症高齢者の行動制限
4 行動制限をしないために

【4 終末期の看護】
■1 高齢者の死と医療・ケア 350
1 高齢者と死
(1)高齢者の死因の動向
(2)高齢者の世帯構成の変化と孤立死
(3)高齢者の喪失体験と自殺
(4)死の定義と徴候
(5)高齢者の看取りの場と死に対する希望
|1| 高齢者が介護を受けたい場所
|2| 高齢者の看取りの場
|3| 高齢者の延命治療に対する考え方
2 高齢者の終末期
(1)終末期の概念と事前指示書(リビングウイル)
(2)終末期ケアへの家族参加と家族への支援
|1| 臨死期に予測される高齢者の身体的変化
|2| 家族に説明する時期と目的
(3)終末期ケアにおける医療・ケアチームの役割
(4)終末期ケアと信仰
・後期高齢者終末期相談支援料の凍結
3 尊厳死と延命医療
(1)尊厳死と延命医療に関する学会等の指針
(2)本人にとっての最善を考える
■2 終末期看護の実践
1 身体的アセスメントと看護
(1)痛み
(2)食欲不振
(3)便秘および腹部膨満
(4)呼吸困難
(5)不眠
2 精神的苦痛や不安・混乱に対する看護
■3 看取りを終えた家族への看護
1 家族の心理と看護
(1)看取る瞬間の家族への配慮
(2)別れの時間
(3)死後のケア
2 看取りを終えた家族へのグリーフケア
(1)死の意味を自由に表現できる場をつくる
(2)介護の終結としての高齢者の死
(3)配偶者を亡くした高齢者の心理
3 家族の再出発を支える
■4 看取りを終えたスタッフへのケア

【5 高齢者看護の実習】
■1 高齢者看護実習の基本
1 高齢者看護実習で目指すもの
(1)実際の生活場面から高齢者を全人的に理解する
(2)高齢者の健康課題をアセスメントする
|1| 高齢者の看護過程展開の視点
|2| 高齢者の健康課題を見つける視点
(3)高齢者の健康課題を達成するための看護計画を立案する
|1| 看護計画の視点
(4)実践した看護を評価し,必要に合わせて修正する
|1| 評価の視点
(5)老年期に関わる保健・医療・福祉の実際と看護の機能
■2 慢性期看護実習
1 事前学習
2 受け持ちケースの決定
3 情報収集とアセスメント
4 看護計画
5 看護の実践と評価
6 学生に学んでほしいポイント
■3 周術期看護実習
1 事前学習
2 受け持ちケースの決定
3 情報収集とアセスメント
4 看護計画
5 看護の実践と評価
6 学生に学んでほしいポイント
(1)術前看護のポイント
|1| 疾患および治療経過の理解
|2| 高齢者の術前評価
|3| 術前オリエンテーションの方法
|4| 高齢者の生体反応の特徴の理解
|5| 高齢者に多い術後合併症の把握
(2)手術中の看護のポイント
(3)術後の看護のポイント
|1| 手術侵襲による影響を考慮した観察
|2| 術後せん妄について理解し,予防的視点で関わる看護
■4 急性期看護実習
1 事前学習
(1)大動脈解離の分類
(2)大動脈解離による上行大動脈人工血管置換術・FF(大腿−大腿交叉)バイパス術を受けた高齢者の急性期看護
2 受け持ちケースの決定
3 情報収集とアセスメント
4 看護計画
5 看護の実践と評価
6 学生に学んでほしいポイント
(1)退院後の生活を見据えた看護計画
(2)安全に治療や看護を継続するための多職種協働による環境調整:抑制に関するチーム内での合意形成
(3)緊急手術を受けた高齢者の心理的反応の理解
(4)自己決定の支援
■5 老人保健施設実習
1 事前学習
(1)介護老人保健施設の位置付けと,期待される機能・役割
(2)脳梗塞発症後の入所
2 受け持ちケースの決定
3 情報収集とアセスメント
4 看護計画
5 看護の実践と評価
6 学生に学んでほしいポイント
■6 特別養護老人ホーム実習
1 事前学習
(1)事前学習の内容とポイント
(2)実習オリエンテーションでの把握内容(例)
2 受け持ちケースの決定
3 情報収集とアセスメント
4 看護計画
5 看護の実践と評価
6 学生に学んでほしいポイント
(1)もてる力を引き出す
(2)当たり前の「生活」が回復を促進する
(3)看護とは何をすることか
■7 リハビリテーション看護実習
1 事前学習
(1)事前学習の内容とポイント
2 受け持ちケースの決定
3 情報収集とアセスメント
(1)転院時の状態
(2)受け持ち時の状態(転院から50日目)
(3)退院に向けて必要な支援
(4)健康課題(優先度順)
4 看護計画
5 看護の実践と評価
6 学生に学んでほしいポイント
■8 グループホーム(認知症対応型共同生活介護)実習
1 事前学習
2 受け持ちケースの決定
3 情報収集とアセスメント
4 看護計画
5 看護の実践と評価
6 学生に学んでほしいポイント
(1)日常生活場面からの高齢者の理解と看護の視点
(2)高齢者の不適応症状に関連する要因
(3)多職種連携
■9 デイサービス(通所介護)実習
1 事前学習
(1)デイサービスの位置付けと,期待される機能・役割
(2)加齢に伴う身体機能,心理・社会的変化
(3)社会資源について
2 受け持ちケースの決定
3 情報収集とアセスメント
4 看護計画
5 看護の実践と評価
6 学生に学んでほしいポイント

◆看護 師国家試験出題基準(令和5 年版)対照表
◆索引