「超」入門 クリッピング・脳血行再建術

発行 : 2014年4月

サイズ : B5判 228頁

ISBN-10 : 4-8404-4894-9

ISBN-13 : 978-4-8404-4894-9

商品コード : 402380370

在庫 : 在庫あり(申込可)

正誤表

書籍

美しく理解しやすいイラスト・手術画像・動画で学ぶ

「超」入門 クリッピング・脳血行再建術

脳血管障害手術まるわかり 全術式のWEB動画付き

発行 : 2014年4月

サイズ : B5判 228頁

ISBN-10 : 4-8404-4894-9

ISBN-13 : 978-4-8404-4894-9

商品コード : 402380370

在庫 : 在庫あり(申込可)

正誤表

卒後10年目までの手術を1冊でマスター!

新進気鋭の術者が、脳神経外科手術の初学者向けに、セッティング、開頭、アプローチから手術の実際まで、会話調でわかりやすく解説。各種アプローチと主な動脈瘤、CEA、high flow bypassまで領域全般を網羅。美しいイラストと高精細な術中画像+動画で、解剖、手術がよくわかる。

著者

北海道大学大学院 医学研究科脳神経外科 教授 宝金 清博 監修

手稲渓仁会病院 脳神経外科 杉山 拓 著

11,000 円(税込)

カートに追加しました

こちらの各オンラインショップでも販売中

amazon
7net shopping
Rakuten

目次

・推薦の言葉
・監修の言葉
・序 文
・登場人物プロフィール
・WEB 動画の視聴方法
【第1章 手術の基本手技】
<1> 前頭側頭開頭
〔1〕手術の心構え
〔2〕体位のとり方
〔3〕セッティング
*補講:前頭側頭開頭のバリエーション
〔4〕開 頭
〔5〕閉 創
<2> シルビウス裂の開放
〔1〕シルビウス裂開放の原則
〔2〕シルビウス裂の観察と表在くも膜の切開
〔3〕insular cistern からsylvian vallecula の開放
〔4〕出血時の対処
*補講:マイクロ下の止血法の基本
〔5〕くも膜形成
<3> 両側前頭開頭
〔1〕interhemispheric approach の留意点
〔2〕体位とセッティング
〔3〕開 頭
〔4〕硬膜切開と嗅神経処置
〔5〕前頭洞処置と閉創
<4> 半球間裂の開放
〔1〕半球間裂開放の原則
〔2〕bridging vein の処置と進入側の決定
〔3〕半球間裂の剥離手順 (三段階方式)
〔4〕剥離の実際―脳べら,ハサミ,吸引管の使い方
〔5〕動脈瘤剥離とclipping
【第2章 脳動脈瘤のclipping】
<1> 中大脳動脈瘤のclipping(基礎編)
〔1〕術野のイメージとsafe way approach
〔2〕動脈瘤の剥離とclipping
〔3〕破裂中大脳動脈瘤手術の実践
<2> 中大脳動脈瘤のclipping(応用編)
〔1〕脳内血腫を伴う重症破裂症例
〔2〕sylvian hematoma を伴う重症破裂症例
〔3〕破裂中大脳動脈水平部(M1)動脈瘤(上向き)の症例
<3> 内頚動脈瘤のclipping
〔1〕内頚動脈瘤における留意点
〔2〕anterior temporal approach の変法
〔3〕動脈瘤の剥離とclipping
〔4〕未破裂内頚動脈後交通動脈瘤(内側向き)の症例
〔5〕破裂内頚動脈後交通動脈瘤(外側後方向き)の症例
*補講①:内頚動脈―前脈絡叢動脈瘤
*補講②:傍前床突起部動脈瘤(paraclinoid AN)と前床突起切除(clinoidectomy)
<4> 前大脳動脈瘤のclipping(pterional approach 編)
〔1〕前交通動脈瘤のアプローチ選択
〔2〕未破裂前方(腹側)向き前交通動脈瘤の症例
〔3〕破裂前大脳動脈水平部動脈瘤の症例
*補講:穿通枝の温存
<5> 前大脳動脈瘤のclipping(interhemispheric approach 編)
〔1〕破裂前交通動脈瘤 下(尾側)向きの症例
〔2〕破裂前交通動脈瘤 前方(腹側)向きの症例
〔3〕破裂前交通動脈瘤 上(頭側)向きの症例
〔4〕破裂前交通動脈瘤 横(側方)向きの症例
〔5〕破裂前大脳動脈末梢部動脈瘤の症例
【第3章 頚動脈内膜剥離術】
<1> CEA(前編)
〔1〕術前精査
〔2〕体位とセッティング
〔3〕術野の展開
〔4〕内頚動脈遠位部の確保
*補講:高位頚動脈病変への対応
<2> CEA(後編)
〔1〕内シャントの準備
〔2〕内シャント挿入
*補講:内シャントのtrouble shooting
〔3〕内膜剥離,断端形成
〔4〕血管縫合,内シャント抜去
【第4章 STA-MCA bypass】
<1> 血管吻合のトレーニングと実践
〔1〕トレーニング
〔2〕吻合野のセッティング
〔3〕血管吻合の実践
<2> STA-MCA bypass の実践
〔1〕術前精査
〔2〕体位とセッティング
〔3〕parietal branch の剥離
〔4〕frontal branch の剥離と開頭
〔5〕血管吻合
*補講①:recipient artery の選択
〔6〕閉 創
*補講②:脳動脈瘤のassist bypass
【第5章 静脈洞近傍と後方循環系の開頭術】
<1> 静脈洞近傍の開頭術
〔1〕上矢状静脈洞部硬膜動静脈瘻の症例
〔2〕後大脳動脈末梢部動脈瘤の症例
〔3〕横― S 状静脈洞部硬膜動静脈瘻の症例
<2> 後頭蓋窩開頭術
〔1〕median suboccipital approach(後下小脳動脈末梢部動脈瘤の症例)
〔2〕lateral suboccipital approach(片側顔面痙攣の症例)
〔3〕lateral suboccipital approach(破裂椎骨動脈後下小脳動脈瘤の症例)
〔4〕transcondylar approach とOA-PICA bypass(後下小脳動脈紡錘状動脈瘤の症例)
【第6章 high flow bypass】
<1> 海綿静脈洞部大型内頚動脈瘤に対するECA-M2 RA graft bypass
〔1〕セッティング
〔2〕橈骨動脈(RA)の採取
*補講:大伏在静脈(saphenous vein:SV)の採取
〔3〕RA 通過ルートの作成
〔4〕アシストバイパスとRA の誘導
〔5〕RA-M2 吻合
〔6〕ECA-RA 吻合とgraft の開放,内頚動脈結紮
・索 引
・著者紹介