疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症
立ち読みする

発行 : 2020年1月

サイズ : B5判 480頁

ISBN-10 : 4-8404-6900-8

ISBN-13 : 978-4-8404-6900-5

商品コード : 308010290

在庫 : 在庫あり(申込可)

正誤表

看護基礎教育テキスト

ナーシング・グラフィカEX

疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症

発行 : 2020年1月

サイズ : B5判 480頁

ISBN-10 : 4-8404-6900-8

ISBN-13 : 978-4-8404-6900-5

商品コード : 308010290

在庫 : 在庫あり(申込可)

正誤表

病気の成り立ちにおいて共通する部分の多い血液疾患、免疫疾患、感染症を1冊にまとめたことで、幅広い分野・多数の疾患を関連づけて理解することができる。
豊富な図解で、理解するのが難しい免疫機構とその異常(免疫不全状態や自己免疫疾患、感染症)についてわかりやすく解説している。
具体的な事例展開で、実臨床や実習に向けたシミュレーションがしやすい。さらに国試の状況設定問題の対策としても活用できる。


「授業計画案」
「目次からみた国試頻出項目」

著者

名古屋市立大学大学院看護学研究科先端医療看護学教授・研究科長 薊 隆文 編集

名古屋市立大学大学院看護学研究科感染予防看護学教授 矢野 久子 編集

4,180 円(税込)

カートに追加しました

こちらの各オンラインショップでも販売中

amazon
Rakuten
立ち読みする

目次

・はじめに

・編集・執筆

【ARコンテンツ】

・「メディカAR」の使い方

・血液の組成と機能〈アニメーション〉

・無菌室の一例〈動画〉

・凝固・線溶のしくみ〈アニメーション〉 

・免疫のしくみ〈アニメーション〉

・花粉症の検査と診断〈動画〉

・関節リウマチの運動療法〈動画〉

・関節リウマチの自助具〈動画〉

・感染症~冷静な対応のために〈動画〉

・尿検査の実際〈動画〉

・滅菌手袋の着脱〈動画〉

・薬剤感受性検査〈動画〉

・手洗い〈動画〉

・微生物の大きさ〈動画〉

・ヒト免疫不全ウイルス(Human immunodeficiency virus)〈動画〉

・細菌性食中毒の予防〈動画〉

■血液

【1 血液・造血器疾患を学ぶための基礎知識】

<1 血液の組成と機能>

<2 血液・造血器の異常でみられる症候と看護>

◆血液疾患の概要と徴候

〔1〕赤血球の異常

〔2〕白血球の異常

〔3〕血小板の異常

◆1 貧血

(1)貧血とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)貧血の看護

◆2 発熱

(1)発熱とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)発熱の看護

◆3 リンパ節腫脹,脾腫

(1)リンパ節腫脹,脾腫とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)リンパ節腫脹,脾腫の看護

◆4 易感染性

(1)易感染性とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)易感染の看護

◆5 出血傾向

(1)出血傾向とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)出血傾向の看護

◆6 骨痛

(1)骨痛とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)骨痛の看護

<3 血液・造血器の異常で行われる検査と看護>

◆1 血液・造血器の異常で行われる主な検査

(1)血液・造血器の異常で行われる主な検査

(2)検査の方法

(3)看護

◆2 末梢血検査

(1)末梢血検査とは

(2)検査の方法

(3)末梢血検査の看護(採血)

◆3 骨髄検査

(1)骨髄検査とは

(2)検査の方法

(3)骨髄検査の看護

◆4 出血傾向の検査

(1)出血傾向を調べる主な検査

(2)検査の方法

◆5 リンパ節生検

(1)リンパ節生検とは

(2)検査の方法

<4 血液・造血器疾患の治療・処置と看護>

◆1 化学療法

(1)化学療法とは

(2)治療・処置の方法

(3)化学療法を受ける患者の看護

◆2 造血器腫瘍の治療に対する支持療法

(1)支持療法とは

(2)治療・処置の方法

(3)支持療法を受ける患者の看護

◆3 放射線療法

(1)放射線療法とは

(2)治療・処置の方法

(3)放射線療法を受ける患者の看護

◆4 輸血

(1)輸血とは

(2)治療・処置の方法

(3)輸血を受ける患者の看護

◆5 造血幹細胞移植

(1)造血幹細胞移植とは

(2)治癒・処置の方法

(3)造血幹細胞移植を受ける患者の看護

◆6 造血器腫瘍以外の血液疾患に対する治療

〔1〕貧血

〔2〕出血傾向

〔3〕血栓性疾患

【2 血液・造血器の疾患と看護】

<5 貧血>

◆1 鉄欠乏性貧血

(1)鉄欠乏性貧血とは

(2)鉄欠乏性貧血患者の看護

◆2 再生不良性貧血

(1)再生不良性貧血とは

(2)再生不良性貧血患者の看護

◆3 溶血性貧血

(1)溶血性貧血とは

◆4 自己免疫性溶血性貧血

(1)自己免疫性溶血性貧血とは

◆5 巨赤芽球性貧血

(1)巨赤芽球性貧血とは

◆6 赤芽球ろう

(1)赤芽球ろうとは

<6 出血傾向>

◆1 特発性血小板減少性紫斑病

(1)特発性血小板減少性紫斑病とは

(2)特発性血小板減少性紫斑病患者の看護

◆2 血友病

(1)血友病とは

(2)血友病患者の看護

◆3 播種性血管内凝固

(1)播種性血管内凝固とは

(2)播種性血管内凝固の患者の看護

◆4 シェーンライン・ヘノッホ紫斑病(IgA血管炎)

(1)シェーンライン・ヘノッホ紫斑病(IgA血管炎)とは

◆5 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)

(1)血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)とは

◆6 血小板機能異常症

(1)血小板機能異常症とは

◆7 薬剤性血小板減少症

(1)薬剤性血小板減少症とは

◆8 ビタミン欠乏症

(1)ビタミン欠乏症とは

<7 血球異常>

◆1 急性白血病(急性骨髄性白血病,急性リンパ性白血病)

(1)急性白血病とは

(2)急性白血病患者の看護

◆2 慢性骨髄性白血病(CML)

(1)慢性骨髄性白血病(CML)とは

◆3 骨髄異形成症候群(MDS)

(1)骨髄異形成症候群(MDS)とは

◆4 成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)

(1)成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)とは

◆5 慢性リンパ性白血病(CLL)

(1)慢性リンパ性白血病(CLL)とは

◆6 多発性骨髄腫(MM)

(1)多発性骨髄腫(MM)とは

◆7 無顆粒球症

(1)無顆粒球症とは

<8 リンパ腫>

◆1 悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫,非ホジキンリンパ腫)

(1)悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫,非ホジキンリンパ腫)とは

(2)悪性リンパ腫患者の看護

【3 事例で学ぶ血液・造血器疾患患者の看護】

<9 悪性リンパ腫患者の薬物療法と社会復帰までの看護>

・1 入院から退院まで

(1)アセスメント

(2)看護計画

(3)看護の実際

(4)看護の評価

・2 退院から日常生活の再開,再入院まで

(1)アセスメント

(2)看護計画

(3)看護の実際

(4)看護の評価

・3 事例を振り返って

■免疫

【4 免疫機能障害を学ぶための基礎知識】

<10 免疫に関わる細胞・器官とそれらの機能>

(1)免疫に関わる細胞と機能

(2)免疫に関わる器官と機能

<11 免疫機能の異常でみられる症候と看護>

◆1 免疫とは

(1)I型アレルギー反応が起こる機序

(2)アレルギーの症状

(3)アレルギー症状発現の機序

(4)アレルギーマーチ

◆2 アレルギーに関連した症候

・1 呼吸器症状

(1)呼吸器症状とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)呼吸器症状の看護

・2 消化器症状(嘔気・嘔吐,腹痛)

(1)消化器症状とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)消化器症状の看護

・3 皮膚症状

(1)皮膚症状とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)皮膚症状の看護

・4 眼症状

(1)眼症状とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)眼症状の看護

・5 循環器症状(ショック)

(1)循環器症状(ショック)とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)循環器症状(ショック)の看護

◆3 膠原病に関連した症候

・1 発熱

(1)膠原病にみられる発熱とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

・2 関節痛・筋肉痛・筋力低下

(1)膠原病にみられる関節痛・筋肉痛・筋力低下とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)関節痛・筋肉痛・筋力低下の看護

・3 全身倦怠感・易疲労感

(1)膠原病にみられる全身倦怠感・易疲労感とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)全身倦怠感・易疲労感の看護

・4 体重減少

(1)膠原病にみられる体重減少とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

・5 皮疹などの皮膚・粘膜症状

(1)膠原病にみられる皮膚・粘膜症状とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)皮膚・粘膜症状の看護

・6 呼吸器障害

(1)膠原病にみられる呼吸器障害とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)呼吸器障害の看護

・7 腎障害

(1)腎障害とは

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)腎障害の看護

◆4 免疫不全に関連した症候

(1)易感染

(2)病態

(3)観察,評価

(4)考えられる疾患

(5)易感染の看護

<12 免疫機能の異常で行われる検査と看護>

◆1 免疫機能の異常で行われる主な検査

(1)免疫機能の異常で行われる主な検査

(2)検査の方法

(3)看護

◆2 アレルギーに関連した検査

・1 血液検査(白血球,IgEなど)

〔1〕RIST(リスト)

〔2〕RAST(ラスト)

〔3〕好酸球検査

〔4〕ヒスタミン遊離テスト

〔5〕TARC

・2 皮膚テスト

〔1〕パッチテスト

〔2〕プリックテスト

〔3〕皮内テスト

・3 除去試験・誘発試験

〔1〕除去試験

〔2〕誘発試験

◆3 膠原病に関連した検査

・1 炎症反応をみる検査

〔1〕CRP

〔2〕WBC

〔3〕赤血球沈降速度

・2 血清・免疫学的検査(自己抗体)

〔1〕抗CCP抗体

〔2〕マトリックスメタロプロテアーゼ3(MMP-3)

・3 穿刺・病理組織学検査

(1)穿刺・病理組織学検査とは

(2)穿刺・病理組織学検査の看護

・4 画像検査

(1)画像検査とは

(2)画像検査の看護

<13 免疫機能の異常の治療・処置と看護>

◆1 アレルギーに関連した治療・処置

・1 抗原の回避

(1)抗原の回避とは

(2)看護の視点から

・2 薬物療法

(1)アレルギーにおける薬物療法とは

(2)薬物療法を受ける患者の看護

〔1〕抗ヒスタミン薬治療における看護

〔2〕副腎皮質ステロイド治療における看護

〔3〕吸入ステロイド薬治療における看護

〔4〕気管支拡張薬の治療における看護

〔5〕アレルゲン特異的免疫療法(減感作療法)における看護

・3 心理療法・訓練療法

(1)アレルギーにおける心理療法・訓練療法とは

(2)治療・処置の方法

(3)心理療法・訓練療法を受ける患者の看護

◆2 膠原病に関連した治療・処置

・1 増悪因子の回避

(1)膠原病における増悪因子の回避とは

(2)治療・処置の方法

(3)増悪因子回避のための看護

・2 薬物療法

(1)膠原病における薬物療法とは

〔1〕非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

〔2〕副腎皮質ステロイド

〔3〕免疫抑制薬

〔4〕抗サイトカイン療法

(2)薬物療法を受ける患者の看護

・3 対症療法

(1)膠原病における対症療法とは

(2)対症療法を受ける患者の看護

【5 アレルギー,自己免疫疾患(膠原病)と看護】

<14 アレルギー>

◆免疫とアレルギー・自己免疫疾患・免疫不全

◆1 花粉症(アレルギー性鼻炎)

(1)花粉症とは

(2)花粉症患者の看護

◆2 アトピー性皮膚炎

(1)アトピー性皮膚炎とは

(2)アトピー性皮膚炎患者の看護

◆3 食物アレルギー

(1)食物アレルギーとは

(2)食物アレルギー患者の看護

◆4 薬物アレルギー

(1)薬物アレルギーとは

(2)薬物アレルギー患者の看護

◆5 接触性皮膚炎

(1)接触性皮膚炎とは

(2)接触性皮膚炎患者の看護

◆6 蕁麻疹

(1)蕁麻疹とは

(2)蕁麻疹患者の看護

◆7 アナフィラキシー(アナフィラキシーショック)

(1)アナフィラキシー(アナフィラキシーショック)とは

(2)アナフィラキシー患者の看護

<15 自己免疫疾患(膠原病)>

◆1 全身性疾患(多発性筋炎・皮膚筋炎・強皮症)

(1)多発性筋炎・皮膚筋炎・強皮症とは

(2)多発性筋炎・皮膚筋炎・強皮症患者の看護

〔1〕多発性筋炎および皮膚筋炎に対する看護

〔2〕強皮症に対する看護

◆2 関節リウマチ

(1)関節リウマチとは

(2)関節リウマチ患者の看護

◆3 成人スチル病

(1)成人スチル病とは

(2)成人スチル病患者の看護

◆4 全身性エリテマトーデス

(1)全身性エリテマトーデスとは

(2)全身性エリテマトーデス患者の看護

◆5 抗リン脂質抗体症候群

(1)抗リン脂質抗体症候群とは

(2)抗リン脂質抗体症候群患者の看護

◆6 シェーグレン症候群

(1)シェーグレン症候群とは

(2)シェーグレン症候群患者の看護

◆7 血管炎症候群

(1)血管炎症候群とは

(2)血管炎症候群患者の看護

◆8 ベーチェット病

(1)ベーチェット病とは

(2)ベーチェット病患者の看護

【6 事例で学ぶ免疫機能障害患者の看護】

<16 SLEで薬物療法を受ける患者の看護>

(1)アセスメント

(2)看護計画

(3)看護の実際

(4)看護の評価

(5)事例を振り返って

<17 食物アレルギーからアナフィラキシーショックを起こした患者の看護>

(1)アセスメント

(2)看護計画(1)

(3)情報の追加と再アセスメント

(4)看護計画(2)

(5)看護の実際

(6)看護の評価

(7)事例を振り返って

■感染症

【7 感染症を学ぶための基礎知識】

<18 感染症でみられる症候と看護>

◆感染症の定義と炎症の4徴候

(1)感染症

〔1〕感染症とは

〔2〕感染症法

(2)炎症の4徴候

〔1〕炎症の4徴候とは

〔2〕炎症の原因

〔3〕炎症の経過

◆1 発熱・倦怠感

(1)発熱

(2)倦怠感

(3)発熱・倦怠感の看護

◆2 各臓器の特徴的な症候

(1)脳・髄膜

〔1〕脳炎

〔2〕髄膜炎

(2)耳・副鼻腔

〔1〕急性中耳炎

〔2〕急性鼻副鼻腔炎

(3)扁桃と咽頭

〔1〕急性扁桃炎

〔2〕急性咽頭炎

(4)呼吸器

〔1〕肺炎

〔2〕急性気管支炎

(5)心臓

〔1〕感染性心内膜炎

(6)肝臓・胆嚢

〔1〕急性肝炎

〔2〕急性胆嚢炎

(7)皮膚

〔1〕蜂窩織炎

〔2〕丹毒

(8)泌尿器・生殖器系

〔1〕急性腎盂腎炎

〔2〕膀胱炎

〔3〕尿道炎

〔4〕急性細菌性前立腺炎

(9)骨・関節

〔1〕急性化膿性骨髄炎

〔2〕化膿性関節炎

◆3 敗血症性ショック

(1)敗血症とは

(2)敗血症および敗血症性ショックの診断

〔1〕quick SOFA(qSOFA)

〔2〕SOFAスコア

〔3〕敗血症および敗血症ショックの診断

<19 感染症で行われる検査と看護>

◆1 感染症で行われる主な検査

(1)感染症で行われる検査とは

(2)検査の方法

〔1〕血液・生化学検査・尿検査,画像検査

〔2〕微生物検査(病原体検出検査),抗体検査

(3)看護

◆2 画像検査

(1)画像検査とは

(2)検査の方法

◆3 病原体検出法

(1)病原体検出法とは

(2)検査の方法

〔1〕塗抹・鏡検

〔2〕抗原検査

〔3〕培養

〔4〕血液培養

〔5〕同定

〔6〕遺伝子検査(分子遺伝学的方法)

◆4 血清学的診断法

(1)血清学的診断法とは

(2)検査の方法

〔1〕測定する抗体の種類

〔2〕抗体測定法(ELISA法,HI法)

◆5 形態学的診断法

(1)形態学的診断法とは

〔1〕真菌

〔2〕寄生虫

(2)検査の方法

〔1〕便の虫卵・虫体検査法(鏡検)(回虫など)

〔2〕便の栄養型と嚢子(シスト)の検査法(鏡検)(アメーバなど)

〔3〕マラリアの検査法

◆6 薬剤感受性試験

(1)薬剤感受性試験とは

(2)検査の方法

〔1〕微量液体希釈法

〔2〕ディスク拡散法

〔3〕Etest(ETEST(R))

◆7 検体試料の採取と保管

(1)検体採取上の注意点

(2)適切な輸送と保存方法

(3)患者への説明と理解・協力の確保

(4)検査と看護師の役割

<20 感染症で行われる治療・処置と看護>

◆1 化学療法

(1)化学療法とは

(2)抗細菌薬(抗菌薬)

〔1〕ペニシリン系

〔2〕セフェム系

〔3〕モノバクタム系

〔4〕カルバペネム系

〔5〕ホスホマイシン系

〔6〕グリコペプチド系

〔7〕アミノグリコシド系

〔8〕マクロライド系

〔9〕リンコマイシン系

〔10〕テトラサイクリン系

〔11〕オキサゾリジノン系

〔12〕キノロン系

〔13〕環状リポペプチド系

(3)抗ウイルス薬

〔1〕インフルエンザ

〔2〕HIV感染症

〔3〕B型肝炎

〔4〕C型肝炎

〔5〕ヘルペス感染症

(4)抗真菌薬

(5)抗寄生虫薬

(6)化学療法を受ける患者の看護

(7)耐性菌をもたらさないために

◆2 血清療法

(1)血清療法とは

(2)血清療法の有用性

(3)血清療法の問題点

(4)血清療法の実際

〔1〕血清療法の例(破傷風)

◆3 予防接種(ワクチン)

(1)予防接種(ワクチン)とは

(2)日本の制度に基づく予防接種の種類

(3)ワクチンの種類

(4)ワクチン接種前の注意事項

〔1〕接種不適当者および接種要注意者

〔2〕ワクチンの接種間隔

〔3〕ワクチンの接種部位

〔4〕免疫グロブリン製剤および輸血製剤とワクチンについて

〔5〕抗がん治療とワクチン接種

(5)ワクチン接種後の注意点

◆4 外科的療法

(1)外科的療法とは

〔1〕ドレナージ

〔2〕デブリードマン

◆5 全身管理

(1)全身管理とは

(2)治療・処置の方法

〔1〕初期対応

〔2〕輸液

〔3〕抗菌薬の投与

〔4〕モニタリング

〔5〕ノルエピネフリンの使用

〔6〕感染源の同定とコントロール

〔7〕治療に反応した後の対応

【8 感染症と看護】

<感染症>

<21 ウイルス感染症・プリオン病>

◆1 インフルエンザ

(1)インフルエンザとは

(2)インフルエンザ患者の看護

◆2 麻疹

(1)麻疹とは

(2)麻疹患者の看護

◆3 風疹

(1)風疹とは

(2)風疹患者の看護

◆4 水痘

(1)水痘とは

◆5 帯状疱疹

(1)帯状疱疹とは

◆6 流行性耳下腺炎

(1)流行性耳下腺炎とは

◆7 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症,AIDS

(1)ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症,AIDSとは 

(2)HIV感染患者の看護

◆8 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症

(1)単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症とは

◆9 サイトメガロウイルス(CMV)感染症

(1)サイトメガロウイルス(CMV)感染症とは

◆10 ノロウイルス感染症

(1)ノロウイルス感染症とは

(2)ノロウイルス感染症患者の看護

◆11 プリオン病

(1)プリオン病とは

<22 細菌感染症>

◆1 黄色ブドウ球菌感染症

(1)黄色ブドウ球菌感染症とは

(2)黄色ブドウ球菌感染症患者の看護

◆2 劇症型A群β溶連菌感染症

(1)劇症型A群β溶連菌感染症とは

(2)劇症型A群β溶連菌感染症患者の看護

◆3 病原性大腸菌感染症

(1)病原性大腸菌感染症とは

(2)病原性大腸菌感染症患者の看護

◆4 結核

(1)結核とは

(2)結核患者の看護

◆5 百日咳

(1)百日咳とは

(2)百日咳患者の看護

◆6 ジフテリア

(1)ジフテリアとは

(2)ジフテリア患者の看護

◆7 ボツリヌス菌感染症

(1)ボツリヌス菌感染症とは

(2)ボツリヌス菌感染症患者の看護

◆8 破傷風

(1)破傷風とは

(2)破傷風患者の看護

◆9 梅毒

(1)梅毒とは

(2)梅毒患者の看護

◆10 性器クラミジア感染症

(1)性器クラミジア感染症とは

(2)性器クラミジア感染症患者の看護

◆11 髄膜炎菌感染症

(1)髄膜炎菌感染症とは

(2)髄膜炎患者の看護

<23 真菌感染症・寄生虫症・原虫感染症>

◆1 アスペルギルス症

(1)アスペルギルス症とは

(2)アスペルギルス症患者の看護

◆2 カンジダ症

(1)カンジダ症とは

(2)カンジダ症患者の看護

◆3 クリプトコッカス症

(1)クリプトコッカス症とは

(2)クリプトコッカス症患者の看護

◆4 ムーコル症(接合菌症)

(1)ムーコル症(接合菌症)とは

◆5 マラリア

(1)マラリアとは

(2)マラリア患者の看護

◆6 クリプトスポリジウム症

(1)クリプトスポリジウム症とは

(2)クリプトスポリジウム症患者の看護

◆7 住血吸虫症

(1)住血吸虫症とは

◆8 エキノコックス症(包虫症)

(1)エキノコックス症(包虫症)とは

◆9 アメーバ赤痢

(1)アメーバ赤痢とは

(2)アメーバ赤痢患者の看護

◆10 トキソプラズマ症

(1)トキソプラズマ症とは

【9 事例で学ぶ感染症患者の看護】

<24 性感染症で治療を受ける患者の看護>

(1)アセスメント

(2)看護計画

(3)看護の実際

(4)看護の評価

(5)事例を振り返って

<25 ノロウイルス感染症を発症した患者の看護>

(1)アセスメント

(2)看護計画

(3)看護の実際

(4)看護の評価

(5)事例を振り返って