オンライン:看護教育力UP&課題解決【母性看護学】 NEW

ポストコロナ時代の最新動向

臨床につながる母性看護実習 学生指導の秘訣

理論から実践へのステップを効果的に導くために

Web 2024/9/30(月)   
残席あり

受講料 10,000円 (税込)

臨床につながる母性看護実習 学生指導の秘訣

近年、母性看護を取り巻く社会情勢は大きく変わり、看護基礎教育においても、学校養成所数の増加や少子化の進展に伴い学生の学習環境が変化しています。さらには、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い臨地実習の実施が困難な状況となり、学生が身に付けるべき看護実践能力の水準の担保が課題となっています。
本セミナーでは、前編で母性看護領域の最新情報を解説し、後編で妊産褥婦・新生児・家族についての事例を紹介し教授ポイントをレクチャーします。取り上げる事例は実習で遭遇しやすい状況であり、かつ看護師国家試験の状況設定問題に準じたスタイルとし、その解釈、解説をテキスト「ナーシング・グラフィカ母性看護学シリーズ」に沿って行います。母性看護実習に向けた事前指導力の強化に、また実習時のアセスメント・ケアの指導としても受講をおすすめします。


動画視聴開始は8月初旬予定です


動画視聴は視聴開始日より11月30日まで、お申込みのご本人様に限ります。


学内の研修・勉強会、FDに!学校様団体向け特別セット
看護教育力UP&課題解決セミナー【見放題プラン】の申し込みも可能です


<プログラム>※2024年6月現在の情報です。掲載内容を予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
1:母性看護学のいま、そしてこれから
2:妊娠期のケア ケーススタディ
3:産褥期のケア ケーススタディ
4:新生児と母親のケア ケーススタディ


詳細は下記プログラム欄をご覧ください。






講師

中込 さと子

信州大学医学部保健学科看護学専攻教授


小林 康江

山梨大学大学院総合研究部医学域看護学系教授


荒木 奈緒

札幌市立大学看護学部教授・助産学専攻科長

お申し込み

開催地

Web

申込締切日

2024/9/30(月)

会場

空席状況

残席あり

受講料

10,000円(税込)

備考

〇動画視聴開始は8月初旬予定です。

〇動画視聴は2024年11月30日まで、お申込みのご本人様に限ります。

〇お申し込み前に「動作環境」をご確認ください。

〇受講申込・動画視聴には、弊社公式会員「メディカID」への登録(無料)が必要です。

〇動画視聴用の「ロック解除キー」は、7月中旬に準備が整い次第、メールにてお知らせいたします。
7月中にメールが届かない場合は、ご利用状況確認ページ 9.ご注文に関するおしらせ にてご確認いただけます。
上記でもご確認いただけない場合は、セミナー係までご連絡ください。

〇お申し込み後のキャンセル・返金はできかねます。


※2024年6月現在の情報です。プログラム等掲載内容を予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

お申し込み

カートに追加しました

プログラム

※2024年6月現在の情報です。掲載内容を予告なく変更する場合があります。ご了承ください。


1:母性看護学のいま、そしてこれから(45~60分)
・母性看護領域のこれからの学び
・母性看護の授業の工夫
・母性看護実習のいま

少子化の進展と新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、母性看護領域とその教育環境は大きな変化を遂げています。まず領域の最新情報をレクチャーし学びを深めていただきます。実践的な内容としては、母性看護の授業の工夫と実習の現状など学生への指導のポイントをお伝えします。


2:妊娠期のケア ケーススタディ(45~60分)
・妊婦健診での対応
・切迫早産妊婦のケア
・家族のケア

妊婦健診は正常・異常のアセスメントが必須。検査項目などみるべきポイントが多数あり、妊婦のセルフケアについても事前学習が重要です。また母性看護実習で学生が受け持つことの多い切迫早産妊婦のケアについても、事例をひも解き学生への指導のポイントをお伝えします。


3:産褥期のケア ケーススタディ(45~60分)
・産褥復古のアセスメント
・帝王切開術後のケア
・産褥期のメンタルヘルスケア

産褥期は、心身の変化が生じやすい時期です。母性看護学実習で褥婦を受け持つことも多く、看護師国家試験の状況設定問題でも出題頻度が増えています。産褥復古のアセスメントを基本に、近年増加傾向にある帝王切開の術後ケアや、母親・父親のメンタルヘルスケアについて、事例をひも解き学生への指導のポイントをお伝えします。


4:新生児と母親のケア ケーススタディ(45~60分)
・新生児の正常・異常のアセスメント
・母乳育児支援
・母親・家族の育児支援

新生児の栄養方法や育児方法を検討する際には、新生児の健康状態のアセスメントに加えて、母親の健康状態、産褥経過も併せてアセスメントすることが必要です。看護師国家試験でよく出題されるような事例を時系列で展開し、母子のアセスメントとケアについて、学生への指導のポイントをお伝えします。
例えば新生児の体重減少が生理的減少を逸脱している場合、新生児の状態のみならず母親の母乳分泌状態などアセスメントのポイントはさまざまです。看護師国家試験でよく出題されるような事例を時系列で展開し、学生のアセスメントとケアについてレクチャーします。

★学内の研修・勉強会、FDに!学校様団体向け特別セット★


見放題


★看護教育力UP&課題解決シリーズのセミナー★


看護教育における次世代を支えるメンタルヘルス   地域・在宅での看護力を培う新人教育   Z世代   入学者の変化からくる困りごとへの対応   看護師国試対策   看護実習での効果的な教え方・学生の支え方   効率的な学習を促すためのデジタル教材活用