オンライン:救急・急変

本ではグッとこらえてたこともしゃべっちゃいました。

ねころんで読める 救急患者のみかた WEB講義 Ver. 【スライド資料ダウンロード】

Web 2024/3/31(日)   
残席あり

受講料 6,000円 (税込)

ねころんで読める 救急患者のみかた WEB講義 Ver. 【スライド資料ダウンロード】
ねころんで読める 救急患者のみかた WEB講義 Ver. 【スライド資料ダウンロード】
ねころんで読める 救急患者のみかた WEB講義 Ver. 【スライド資料ダウンロード】
ねころんで読める 救急患者のみかた WEB講義 Ver. 【スライド資料ダウンロード】

◎重症度・緊急度を見極める
◎大事なことは意外とシンプル!

救急患者さんをみるときに“自信をもって、根拠をもって”対応できる!



★会場セミナー開催決定★
熱意ある講師と受講生のみなさんでつくる参加型研修♪
ぜひ会場で学びと刺激を吸収ください!

Book1


ほかにスライド資料送付8, 000円もあります


※動画視聴・スライド資料ダウンロードは、「セミナー 受講証」メール受信日より30日間、お申込みのご本人様に限ります。
※収録時間 約110分
※スライド資料 40ページ


好評セミナー《リクエスト配信》です。


<プログラム>
#01 バイタルサイン編 Pt.1
・ショックは血圧で判断するな! …など
#02 バイタルサイン編 Pt.2
・血圧が低いのに、脈まで遅い?! …など
#03 病歴聴取編
#04 身体診察編


詳細は下記プログラム欄をご覧ください。


<坂本先生からのメッセージ>
みなさん、こんにちは。旭中央病院救急救命科の坂本です。
「ねころんで読める 救急患者のみかた」――本来であればみなさんと同じ会場で、楽しく盛り上がりたかったのですが、
まぁ…残念ながらちょっとかないませんので、今回はオンラインセミナーで話をさせていただきます。
今回の目標は、みなさんが救急患者さんをみるときに、「自信をもって、根拠をもって、対応することができる!」それが目標です。
(2020年7月24日撮影)



◆◇◆ お客様の声 ◆◇◆

●痙攣のみかた、動画もありわかりやすかった。脈圧の大切さもわかった。(6年目、救急外来)


●救急外来で夜勤をするので大変役立つと思いました。(27年目、内視鏡室)


●先生の講義の前に毎回挟まれている寸劇がとてもよかったです!おかげで講義内容が理解しやすくなりました。(外来 9年目)


●失神は危険なサインということを改めて気づかされました。患者さんを聴取する際は、“病歴”を意識していこうと思います。(手術室 30年)


●今までけいれん発作をしっかりと見たことがなかったので、動画で確認することができよかったです。けいれん患者さんのどこに注目したらいいを話してくださったので大変参考になりました。(介護老人保健施設 9年)


★講師の著書★予習・復習に!※講義では使用しません

Book2  Book1

講師

坂本 壮
総合病院国保旭中央病院救急救命科医長/臨床研修副センター長

お申し込み

開催地

Web

申込締切日

2024/3/31(日)

会場

空席状況

残席あり

受講料

6,000円(税込)

備考

〇動画視聴・スライド資料ダウンロードは、「セミナー 受講証」メール受信日より30日間、お申込みのご本人様に限ります。

〇お申し込み前に「動作環境」をご確認ください。

〇受講申込・動画視聴・スライド資料ダウンロードには、弊社公式会員「メディカID」への登録(無料)が必要です。

〇動画視聴・スライド資料ダウンロード用の「ロック解除キー」は、「セミナー 受講証」メールにてお知らせいたします。
「セミナー 受講証」メールが届かない場合は、ご利用状況確認ページ の 9.ご注文に関するおしらせ にてご確認いただけます。
上記でもご確認いただけない場合は、所定の問い合わせ先までご連絡ください。

〇お申し込み後のキャンセル・返金はできかねます。

〇講義内容は2020年7月24日時点のものです。



好評セミナー《リクエスト配信》です。

お申し込み

カートに追加しました

プログラム

#01 バイタルサイン編 Pt.1

・ショックは血圧で判断するな!
・熱がないから感染症は否定的?!

#02 バイタルサイン編 Pt.2

・血圧が低いのに、脈まで遅い?!
・バイタルサインは普段のADLで確認!
・血圧は脈圧にも注目を!

#03 病歴聴取編

・発症時間を突き止めよ!
・失神をあなどるなかれ!
・なぜ転倒したのか?原因を突き止めよ!
・内服薬は根こそぎ聴取!
・嗜好…“本人談”は本当か?
・家庭環境の確認を!

#04 身体診察編

・意識障害の患者さん、左右差に注目!
・けいれんの患者さん、目に注目!
・疼痛の患者さん、患部を直視せよ!
・腹痛の患者さん、軟らかくても安心するな!
・皮疹の患者さん、ABCDをチェック!

★おすすめのオンラインセミナー★あわせて受講すると、より理解が深まります。


Book1

★講師の著書★

Book1