Emer-Log(エマログ)2022年2号
立ち読みする

発行 : 2022年4月

ISBN-10 : 4-8404-7650-0

ISBN-13 : 978-4-8404-7650-8

商品コード : 130062202

在庫 : 在庫あり(申込可)

専門誌 NEW

Emer-Log(エマログ)2022年2号

発行 : 2022年4月

ISBN-10 : 4-8404-7650-0

ISBN-13 : 978-4-8404-7650-8

商品コード : 130062202

在庫 : 在庫あり(申込可)

今月の特集

チームで取り組む! 救急ナースが知っておきたい 外傷初期診療のキホン

お申し込みプラン

年間購読のご案内・ヨメディカについて詳しくはこちら

こちらの各オンラインショップでも販売中

で月額払い購読を申し込む

2,970 円(税込)

立ち読みする
カートに追加しました

目次

<特集>
チームで取り組む!
救急ナースが知っておきたい
外傷初期診療のキホン
[プランナー]渡部広明 島根大学医学部附属病院/島根大学

◆Chapter 1 知識編
●1 「チーム医療」:外傷初期診療で特にナースはどう動くべきか?
牧野夏子
札幌医科大学附属病院

●2 「準備」:病態を予測する!急変の可能性を考慮する!
森山詠美子
島根大学医学部附属病院

●3 「観察」:アセスメントと直感に基づいて異常を認知する!
山田友子
りんくう総合医療センター

●4 「診察」:系統的検索で損傷を見つけ出す!
久保田有美子
京都岡本記念病院

●5 「画像診断」:外傷患者では、いつ、何を見る?何を探す?
—撮像の目的を中心に
昆祐理
聖マリアンナ医科大学

●6 「病院前」:病院前の外傷看護
—ナースは何を考えどう動くか?
細谷誠史
日本医科大学千葉北総病院


◆Chapter 2 症例編
●1 交通事故による鈍的胸腹部外傷(運転手)
松本亮 渡部広明
島根大学医学部附属病院/島根大学

●2 交通事故による四肢の開放骨折(歩行者)
日下部賢治
りんくう総合医療センター

●3 転倒による高齢者外傷
山本章貴
三重県立総合医療センター

●4 転落による骨盤骨折
髙松純平
関西労災病院

●5 自傷行為を含む胸腹部刺創
廣瀬智也
大阪大学医学部附属病院

●6 虐待による小児外傷
西村奈穂
国立成育医療研究センター

●7 機械によるデグロービング損傷
大饗和憲
広島大学

●8 重症熱傷における初期対応
新庄貴文
自治医科大学


<ブラッシュアップ特集> Emer Log【エマログ】Respica【レスピカ】共同企画
敗血症ケア、今おさえるべきポイントは?
救急・ICUのための要点解説
[プランナー]剱持雄二 青梅市立総合病院

●1 敗血症の病態 〜臓器障害と意識障害のサインとは
三好ゆかり 近藤豊  順天堂大学医学部附属浦安病院

●2 初療期における輸液と抗菌薬治療
芹田晃道  隠岐広域連合立隠岐病院

●3 中期以降の維持治療における呼吸・循環管理
佐藤智夫  京都大学医学部附属病院

●4 症例展開:救急看護師の視点から
脾臓摘出後侵襲性肺炎球菌感染症の患者に対する初期対応
大倉みさき  山形大学医学部附属病院

●5 症例展開:ICU看護師の視点から
ICU入室後の循環・呼吸・体温管理とせん妄・PICSケア
関根庸考  青梅市立総合病院


<連載>
●e-log—ターニングポイントな1日—
・組織を知り、自分の役割を知る
渡邉岳人 福岡和白病院

●患者さんも医療者もラクになる!処置時の鎮静・鎮痛
・体系だった鎮静前評価に欠かせないものとは?
乗井達守 University of New Mexico

●Dr.許(ホ)の5Mアプローチで学ぶ高齢者救急キホンのキ
・高齢者のMobility(モビリティ)
許智栄 神戸市立医療センター中央市民病院

●バーンアウトしない!させない!医療者教育の最前線
・プロフェッショナリズム
小出智一 舩越拓
東京ベイ・浦安市川医療センター

*「病院・部署・地域……救急の認定看護師(スペシャリスト)は、どう動く?」は休載します。


医療・看護・介護のトピック8本!
◆Campanio! カンパニオ2022 02


<OTHERS>
●資料ダウンロード方法
●Emer-Log 2022 年春季増刊刊行記念オンラインセミナーのご案内
●次号予告